30代前半でアッパーマス層になるために必要なたった2つのこと

2018年12月9日家計,投資

(この記事は2021年5月13日にアップデートしました.)

どうも,Econです.

投資や資産運用のSNSアカウントを見てると,アッパーマス層という言葉が出てきます.
アッパーマス,聞き慣れない単語ですが,これは野村総合研究所が日本の家計を純金融資産保有額に基づいて分類した時の階層の一つで,純資産3,000万円から5,000万円に属する家計のことです.

私自身,現在アッパーマス層に属していて今はその上の準富裕層を目指しているのですが,アッパーマス層に属する身として

  • 「アッパーマス層ってどんな人達?」
  • 「アッパーマス層の人はどんな生活しているの?」
  • 「私もアッパーマス層になるにはどうすればいいの?」

という疑問に答えたいと思います.

前座 アッパーマス層とは?

繰り返しになりますが,アッパーマス層とは純資産3,000万円から5,000万円に属する家計のことです.
資産ではなく資産ですので,住宅ローンでマイホームを買っている場合は相殺されます.

下の図は,野村総合研究所が発表している,純資産保有額で分類した日本の家計(推計)2019年版です.

アッパーマス層は全体の13.2%で,純資産3,000万円以下のマス層が78%と圧倒的多数であることを考えると,アッパーマス層は「マジョリティから一歩抜け出してお金持ちへの階段を登っている最中の人」という位置づけになります.

なお個人的な意見ですが,約80%をマス層という一つのカテゴリーにまとめ,残りの20%を4カテゴリーに細分化するというのはちょっと乱暴かと思い,独断でマス層を5階層に分けてみた記事を書いています.

二ツ目 30代でアッパーマス層という立ち位置

私は,2018年に30代前半でアッパーマス層になりました
マス層はゼロ円から3,000万円とレンジが広いとは言え,最下層に位置するのは気持ちの良いものではないので,いち早くマス層を抜け出したいと思っていたので,アッパーマス層の仲間入りを果たすことができた時は嬉しかったです.

下の棒グラフは,金融広報中央委員が発表している『家計の金融行動に関する世論調査(2020年版)』から作った資産保有額の分布で,全年代の平均値は1,436万円,中央値は650万円です.

マス層にあたる3,000万円未満の層の合計が87%で,年度の違いもあるので野村総合研究所が発表している数字と一致はしませんが規模感は合っていそうです.
さらに,この世論調査では年代ごとの資産保有額の分布も把握することができるので30代の資産保有額の分布を見てみると,30代の平均値は591万円,中央値は400万円で,3,000万円以上つまりアッパーマス層以上の世帯は約1%です.

因みに,30代では1,000万円以上を持っていると上位20%に入ることがわかります.

さらにこの世論調査では資産3,000万円以上を持つ世帯の年齢構成も把握することができ,それを表しているのが下の円グラフです.

60代以上の世帯が65%を占めており,一方若年世代は,20代が0%,30代が1%と圧倒的少数,40代でも11%しかいないのが実態で,30代でアッパーマスに到達することは一般的考えると簡単なことではありません.

真打 アッパーマス層を目指すための2つのこと

では,なぜ私が30代前半でここに到達できたのか,それは

  • 投資による資産運用
  • 家計簿をつけて堅実な家計を構築

を続けてきたからです.
この2つは早くから始めることで効果が雪だるま式に増えて行くので,これを社会人になりたての頃から続けたことは本当に良かったと思います.

投資による資産運用

仕事からもらえる給料がお金を稼ぐエンジンなので仕事を一生懸命やることは大切ですが,その上で貯蓄→投資というサイクルを回すことがはお金持ちになるためには必要です.

貯蓄を投資に振り向けて配当などの不労所得を得て,さらにその不労所得も投資に振り向けていくことで不労所得が給料を補う家計のマネーマシーンになってくれます
しかも,複利の効果を味方につければこのマネーマシーンは時間とともに生み出す富をどんどん大きくしてくれます.
私はこれまで10年以上投資をしてきて,時には逆風の時期もありましたが,やはり投資をしてきてよかったですし,もちろんこれからも全力で投資をしていきます.

しかし,ただ投資をすればいいわけではありません.
個人投資家の9割以上は投資をしても結局マイナスで終えるというデータもありますが,個人投資家が自己流で投資をしても間違いなくカモられて終わります.

そこで大事なのは,投資の名著と言われる本を読んで賢人たちの知恵を借りることです.
私も投資やお金に関する良書,いわゆる古典的な本は数十冊読んできましたが,そこで書かれていた考えやものの考え方が今の自分を作っています

そして,本を読んでその内容を試して自分流にアレンジすることが大事です.
というのも,投資ではある人にはうまく行った方法が別の人にも上手くいくとは限りません.
なので色々試して自分に合うスタイルを見つけることが大切になります.

家計簿

私は社会人になってすぐに家計簿をつけ始め,今ではもう10年以上になりますが,その経験から家計簿はお金持ちになるために必要なツールであり,お金に対する感覚が研ぎ澄まされてリテラシーも向上する最高の訓練だと思っています.

また,家計簿で収入と支出を見える化すると,無駄遣いを減らしやすくなり,お金持ちになるためのサイクルが速まります

私はExcelとPythonを組み合わせて家計簿をつけていますが,これは最高のマリアージュだと思っています.
詳しくはコチラの記事を読んでみてください.

アッパーマス層の暮らしぶり

マス層からアッパーマス層になったことで暮らしぶりは変わったかですが,全く変わりません.

資産に余裕が出たから賃貸からマイホームに切り替えようなんて思ったことは全くありません.
車は7年目の車検を通した国産車に乗ってて9年目はもちろん,できれば11年目の車検を通したいと思っています.
普段の買い物も今までと同じスーパーで,たまに成城石井や紀ノ国屋といった高級スーパーで買い物をする程度です.

元々,外食よりも,ちょっといい食材を買って,それを丁寧に調理して,家で家族と会話しながら食事をするのが好きというのもありますが,未だに,外食は非常に高くつくので極力避けています.

マジョリティから抜けて一つ上のステージに上がったからと言って,資産3,000万円ではまだ全然油断できないどころか,ここで油断して生活のレベルを上げたらまたすぐにマス層に戻ってしまい,富裕層は遠ざかるばかりです.

これから先もどんどん資産を増やして準富裕層,富裕層とステップアップを目指しますが,暮らしぶりが大きく変わることはないでしょう.

お金に対するマインドは変わった

アッパーマス層になっても暮らしぶりは全く変わりませんが,お金に対するマインドは変わりました.
お金に対する興味関心は相変わらず強いですが,お金に不自由を感じることは少なくなり,自分の人生のお金について,ポジティブな考えを持てるようになりました
昔だったら「1億円貯めるなんて夢のまた夢,とても無理」と思っていましたが,確かに簡単に行き着けるものではありませんが,今では「時間をかければ自分もそこに到達できるかもしてないな」という展望を持っています.

また「お金がもったいないからこれは諦めよう」ということが少なくなりました.
「お金は人生をより良くするための手段に過ぎない」と理解してからは,いい食材や高級家具などそれだけの対価を払う価値のあるものにはしっかりとお金を使うようになりました.

さらにお金を稼ぐ方法に対する意識が変わりました.
今でも給料が家計のエンジンであることに変わりませんが,以前はお金をもらうには働いて給料をもらう以外ないと思っていましたが,投資をすることで不労所得のありがたみを知ってからは,不労所得を増やして収入源を複数確保することが大事なテーマになっています.

次にどこを目指すか

次のステージである準富裕層に30代で到達することを目指します.
準富裕層は純資産5,000万円以上ですが,それだけの純資産があれば精神的にもかなり余裕が出てくると思います.
仮に5,000万円を税引き後で2%で運用していたら年間100万円の収入が期待できます.
年間100万円の不労所得があれば家計には大きなプラスになります.

私の尊敬する本多静六は職業を道楽化することを提唱していますが,5,000万円あれば自分らしく働いても生計を立てることが出来ます
馬車馬のように働いて出世を目指すのも不要ですし,会社で働くことが合わないと感じれば別の働き方を探すことも出来るかもしれません.

アッパーマス層は本格的なお金持ちになるためのスタートです.
ここをスタートにして,「次のステージの準富裕層にはどんなルートで行こうかな」と今は楽しく考えています.
お金を目的にせず,お金を自分らしく生きるための手段として用いて,有意義な人生を送りたいです.


人気ブログランキング
最後まで読んで下さりありがとうございます.
面白かったらフォローして下さると励みになります.



Posted by Econ