株価下落はチャンス ジョンソンエンドジョンソン (JNJ)を追加投資

2019年7月25日投資Johnson & Johnson (JNJ),VTI

どうも、Econです。

 

米国株投資家で、ここ最近のジョンソンエンドジョンソンの株価下落を知らない人はいないと思います。

私も、銘柄分析をしましたが、その結果引き続きジョンソンエンドジョンソンにはポジティブであることを再確認し、目標株価まで下げたら買おうと決めていました。

ジョンソンエンドジョンソン (JNJ)が下落中 今後の投資スタンスについて

 

昔、映画『ウォール街』を見て、マイケル・ダグラス演じるゴードン・ゲッコーが株の売買で厳格に売買価格に基準を設けているのを見て、自分もこうならなきゃと思ったのを思い出しますが、今こうして、自己流ではありますが、取引しても良い基準株価を決められるようになったのは進歩なのかなと思います。

 

分析をした時の株価は130ドルを少し越えており、私は128ドルくらいまで下げたら安全域も10%ほど確保できるので買いだと思っていました。しかし、130ドルの時点で既に約10%下げていたので、そこからさらに下げるのは難しいかもなぁと半ば諦めでしたが、思った以上に早くチャンス(!?)がやってきたので、今回追加投資をすることができました。

 

因みに、私は安全域を計算する時に外国税額控除による還付やNISAによる非課税は無視していますので、私の安全域計算は実際よりも少しコンサバになっています。まあ、安全域の計算は慎重になったほうがいいので、これくらいがちょうどいいかなと思っています。

 

今回の追加投資で、ジョンソンエンドジョンソンの株を18%ほど買い増しました。これによって、米国株ポートフォリオに占めるジョンソンエンドジョンソンの割合はこれまでの約17%から1ポイント増えて、18%になりました。株価が下落しているので割合としてはあまり大きな変化はないですね。

 

 

今年の前半は狙っていた銘柄が高値圏にあったので、全く投資ができませんでしたが、

  • 5月 3M (MMM)へ新規投資
  • 6月 VTIを毎月継続積立
  • 7月 ベライゾン (VZ)へ新規投資、ジョンソンエンドジョンソン (JNJ)に追加投資

とここに来て結構立て続けに投資をしてきました。弾(ドル)が詰め込まれすぎて暴発寸前だったEcon砲ですが、ここにきて何発か発射できました。弾は少し減ってきましたが、鉄(日本円)にはまだまだ余裕があるので、鉄を溶かして弾に変えて(日本円からドルへ両替)どんどん打ち込んで行きたいと思います。

 

うん、良い例えだ。…と思っているのは私だけでしょうか?

 


人気ブログランキング
最後まで読んで下さりありがとうございます。
面白かったらシェアしてもらえると励みになります。



Posted by Econ