【比較】Garmin vs Fitbit  両方使ってみてスポーツにはGarminと断言する理由

2021年2月17日趣味・娯楽

※この記事は2021年7月25日にリライトしました.

どうも,Econです.

スポーツのためのスマートウォッチで,「GarminとFitbitが良さそうだけどどっちにしようか迷っている」という人って結構多いと思うんです.

わたしはFitbitを2年ほど使い,2021年のはじめにGarminに切り替えてもうすぐGarminユーザーとして半年になります.

GarminとFitbitの両方を使った経験から,スポーツ用のスマートウォッチにとしては絶対Garminがオススメです(Fitbit愛好家の方,すみません).

私のGarmin ForeAthlete245.日の出日の入りや高度までわかる.もちろんウォッチフェイスは自分好みで変更可能.

スポーツに特化した用途なら絶対Garmin

繰り返しますが,スポーツに特化したスマートウォッチなら絶対Garminがおすすめです.

なぜならスポーツに必要な諸々の機能が圧倒的にGarminの方が優れているからです.

距離の精度が高い

私は,これだけでもGarminに変えてよかったと思っています.

Fitbitを使っていた頃,GPSが内蔵されていないFitbit3を使っていたのでスマホと連携させた上で距離を計測していたのですが計測距離の精度が悪くてストレスを感じていましたし,Fitbitコミュニティの中でGPS搭載の機種を使っている人からもFitbitのGPS機能について不満が出ているのを見たことがあるので,GPSの搭載・非搭載にかかわらず,FitbitのGPS精度はあまり良くないのかもしれません.

具体的には同じペースで走っていても,5:00/kmで走っていた次の1kmで急に6:30/kmまで落ちたり,ひどい時は8:00/kmまで落ちることもあり,8:00/kmなんてデモチを通り越して面白くなってくるレベルです.

人間は機械ではないので,コンスタントに走っていても多少ペースが変動することはありますが,こんなにペースが落ちているはずがありません.

もちろん,毎回こんなに距離精度が悪いわけではなく,しっかり測れる時もあるのですが,5回に1回くらいはこんな精度で,走り始めた時に「あ,今日はあかんな」という時は決まって距離精度が悪かったです.

なのでFitbitを使っている時は「ちゃんと計測できてるだろうか」としょっちゅう確認しなければならず,それがランニングフォームを崩したり余計な疲労を感じる原因となりかなり不満でした.

一方,Garminは内部にGPS機能が搭載されていますし,その精度にも定評があります.

私も週に3, 4回くらいのペースでランニングをしているので同じコースを何回も走っていますが,誤差は5%以内に収まっています.

距離が正確に計測されているのでペースが上下することもなくなり,しっかり計測されているという安心感からスマートウォッチをチラチラ確認する必要がなくなりました.

ランニング中に無駄なことでフォームを崩すことがなくなり,ストレスが減りました.

GarminはGPSみちびき(日本版GPS)と連携させるモードもついていて,GPSみちびき連携させるとバッテリー消費は多くなるものの,通常のGPS以上の精度で距離測定ができるようです.
私は通常のGPS精度で十分満足しているので使ったことはないのですが….

計測項目が豊富

私はガチのランナーではないので,Fitbitの計測項目でも不満はありませんでした.

しかしGarminはFitbitで計測してくれる項目は網羅してるプラス

  • 高度もマッピングしてくれる
  • コースの中で速かった部分,遅かった部分を色でマッピング
  • VO2 Max(最大酸素摂取量)を計測してくれて,そこからレース記録を予測してくれる

などなど,本格的なランナーでも十分に満足できる計測項目が備わっています.

特にトレーニングを続けてVO2 Maxが改善してきているのを確認できれば励みになります.

走ったコースをGoogle mapで表示.色でペースを振り返れる
過去のランニング記録からVO2 Maxを計測してくれる

バッテリー容量も不満なし

私がFitbitにした理由の一つが,バッテリーの持ちの良さに定評があったからで,実際使っても,通常使用でも1週間に一度充電すればOKで,また充電時間も1時間でほぼ満充電できるのでバッテリーについてはFitbitに不満はありませんでした.

なのでGarminに変えた時,バッテリーはどうだろうと少し心配でしたが杞憂でした,Garminのバッテリーは容量は充分,充電スピードも速いです.

私の使用状況は

  • 普段は腕時計として使用
  • 週3, 4回のランニングでGPS接続.時間にして週2~2.5時間程度

ですが,バッテリーの持ちはFitbitと変わりません.

充電スピードも早いので,ランニングに行こうと思った時に充電がない!となっても,10分から15分充電すれば1時間程度のランニングには充分耐えられます.

Fitbitの優れている点

スポーツ用途では圧倒的にGarminですが,Fitbitをディスってる感じになってよくないので,Fitbitのいいところを挙げておきます.

まずは睡眠計測機能です.

Garminにも睡眠計測機能はありますが,これはFitbitの方が高精度でした.

Garminだと,起きた後,椅子にぼーっと座ったままの状態でもレム睡眠として記録されていることがあり,精度としてはあまりよくないなと感じました.

一方のFitbitは目が覚めた時にしっかりと睡眠の終わりが計測されていましたし,入眠時間も意識がなくなった時間とほぼ同じなのでしっかり計測出来ていると思います.

また,これは女性向きの機能ですが,生理周期モニター機能もあります.
私は自分のお下がりのFitbitを嫁さんにあげたのですが,この機能について「参考程度にしか使っていないけど,それなりに合ってる」と言っていましたので,女性にはいいかもしれません.

まとめると,ライフログ全般についてはFitbitの方が機能的に優れていて,日々の生活ログをトラッキングしたいという人にはFitbitがいいかもしれません.

まとめ

GarminとFitbitを両方使った経験から

  • スポーツログ –> Garmin
  • ライフログ –> Fitbit

です.

オリンピックも始まり,アスリートの姿に感化されてスポーツを始めようと思っている人は,ぜひGarminスマホと一緒にスポーツのある生活を楽しんではどうでしょうか.

スポーツのある人生,最高ですよ.

最後まで読んで下さりありがとうございます.



Posted by Econ