長期投資は報われると信じるのは危険!

投資バフェット,長期投資

どうも、Econです。

投資をやっている人なら
「ドルコスト平均法なら安い時に多く買えるので長期投資で勝てる確率が高くなる」
「複利の効果で長期投資は報われる」
というのを聞いたことがあると思います。

これらのメッセージは間違っていませんし、私も正しいと思います。
ただ、このメッセージを長期投資 = 必ず儲かると解釈するのは間違いで、正しくは投資でリターンを得るには長い期間が必要ということだと思います、というのがこの記事のメッセージです。

私の投資のデータも踏まえて見ていきたいと思います。


投資期間とリターンの関係

下の散布図は私のこれまでの投資における投資期間とリターンを示していて、円の大きさは相対的な投資額です。

この散布図から、投資期間が1, 2年と短いものはリターンが小さいことがわかります¹
投資期間が長いと少し株価が下がっても累積の配当がクッションの役割を果たしてリターンはプラスを保てますが、投資期間が短いと配当が少ないので、株価が下がれば簡単にリターンはマイナスになります。

では投資期間が長いとリターンが高くなるのかと言うと、そうとも限りません
散布図を見ると、投資期間が8年でリターンが約50%²に対し、投資期間がそれより短い6年以下でもリターンが倍以上の100%超になっているものもあります。

1 何となく分かってはいましたが、こうやって見ると外国株に偏ってますね~
2 私は8年で50%でも悪くないと思っています


正しい解釈

私の経験則ですが、上で見たように長期投資ならリターンが高くなるとは必ずしも当てはまりません。
なので、「複利の効果で長期投資は報われる」→「長期投資ならリターンを得られる」とは考えていませんし、むしろそう考えるのは危険だと思います。
極端な例ですが、長期で投資してきた会社が倒産してしまうケースを考えればそれは明らかです。

もちろん、買った株が大きく値上がりして短期で大きな利益を得るようなケースもあるでしょうが、それを続けることは無理です。
なので、投資について私は「投資でリターンを得るには長い期間が必要」と解釈しています。
そして、長期投資で大事なのはバフェットの言うように、素晴らしいビジネスを適切な価格で買えるかであり、それを長く保有することでリターンが得られると考えています。

私の投資方法はシンプルで誰でも出来るが、みんなやりたがらないのはなぜかって?
それはみんな早く金持ちになりたいと考えているからだよ。
でも、私は早く金持ちになりたいと思ったことはないよ。

ウォーレン・バフェット

それでは、また。

人気ブログランキング
最後まで読んで下さりありがとうございます。

面白かったらフォローしてもらえると励みになります。

 



Posted by Econ