【5ステップ】投資の恐怖心克服には自分で投資を始めるしかない

格付けのイメージ

2022年1月13日投資

最近,FIREやら億り人やらで投資に興味を持って実際に始めた人も多いと思います.

一方,興味はあるけど,損した時が怖くて始められない人もいると思います.この記事はそんな人に読んでいただきたいと思います.

私も投資を始めた頃は1,000円の含み損が出ただけで不安になるような投資家でしたので,投資が怖いという人の気持はよくわかります.そんな小心者だった私でも,今や全資産の約85%が株や実物資産などのリスク資産で,自分の資産が日に数十万円単位,時には百万円以上変動しますが,株価が気になって眠れないなんてことはありません

投資に対する恐怖心を克服するには投資を始めるしかないのですが,私が辿ってきた5つのステップを踏めば,投資への恐怖心は徐々になくなっていくと思います.私の経験が少しでも役に立てば幸いです.

この記事のポイント
  • 想定読者:投資に興味があるものの,損をした時のことを考えて始められない人
  • まずは1年間の生活費を確保
  • 投資は少なく始める
  • 個人投資家は集中投資ではなく分散投資
  • 投資で全勝は無理だと理解する
  • 現金も絶対的に安全ではないと理解する
  • スポンサーリンク

    まずは1年間の生活費を貯めること

    よく言われますが,投資を始める前に最低でも1年分,可能なら1.5年から2年分の生活費を現金で確保することが第一歩になります.これは,投資で間違った行動,つまりパニック売りをしないためにも絶対に必要だと自分の経験からも感じます.

    たとえば,余裕資金ゼロで資産100万円を株に投資したとして,その後この株が60万円に値下がりした時,持ち続けられるでしょうか.私なら,たぶん無理です.これ以上下がったら日々の生活に支障が出るという恐怖心から損失覚悟で売ると思います.

    しかし,よく言われるようにパニック売りは最悪の行為です.もちろん,その株に問題があって損切りが必要なケースもありますが,下げ局面では耐えも必要で,余裕資金があれば耐えられても,ないと難しくなります.

    スポンサーリンク

    少なく始める

    余裕資金の確保後も,まとまった金額を一度に投資するのではなく,小出しに投資することをおすすめします.私が米国株取引を始めた10年くらい前は,最低取引手数料が25ドルかかり,一回の取引をある程度まとめないとコストがかかりましたが,今ではそのようなこともありません.

    ドルコスト平均法をうまく使って時間と金額を分散して投資するのがいいと思います.ちまちま投資していたら儲けられないという意見もありますが,投資では勝つ(儲かる)よりも負けない(大損しない)ことの方が大事です.複利の効果からもわかるように,負けずにマーケットに参加し続けることに意味があります.

    スポンサーリンク

    分散投資

    「卵を一つの籠に盛ってはいけない」という格言の通り,分散投資は最重要ファクターです.銘柄はもちろん,投資タイミング,国,アセット,為替,とにかく分散投資を意識します.

    バフェットは分散投資を否定派ですが,それはバフェットだからできることです.彼のチームはプロ中のプロで,得られる情報の質・量とも個人投資家の比ではありません.また,その情報の分析能力も個人投資家とは次元が違います.そんなドリームチームであれば集中投資をしてもある程度の成功確率は期待できるかもしれませんが,個人投資家の集中投資はまぐれ当たりを期待するようなものです.

    上記したように,負けないことが何より大事なので,個人投資家は分散投資一択です.

    全勝は無理だと認識する

    2021年12月のパフォーマンス

    分散投資したとして,全ての投資で勝つのは不可能です.上の表は私のポートフォリオの12月のパフォーマンスですが,SPXSなんてマイナス70%で目も当てられません.ユニリーバ(UL)やベライゾン(VZ)だってマイナスです.でもナイキ(NKE)やP&G(PG)など,プラスを稼いでくれている銘柄も多く,全体では大きなプラスになっています

    野球では打率3割なら一流のバッターです.全ての投資で勝つのは打率10割を目指すようなもんで,そんなのは,少なくとも長期的には無理です.

    絶対的に安全な資産はないと認識すること

    投資による損が怖いと思う人は,現金を基準に考えているはずです.確かに現金は安全資産ですが,では資産を全て現金で持てば安全か,つまり購買力がずっと保てるかと言えばそれは違います

    ご存知のように日本は資源の多くを輸入に頼っているため,円安になれば現金の購買力は減価します.また,最近特にアメリカでインフレが問題になっていますが,外国でインフレが進んでいれば,仮に為替が一定でも日本円の購買力は低下します.

    一方,現金の一部を株や実物資産といったリスク資産に振り向ければ,もちろん価格変動のリスクはあるものの,少なくとも現金以上のインフレ抵抗力を持つことができます.

    このように,絶対的に安全な資産はないという理解が大切になります.

    余談ですが,現金フルポジという人は,今後も日本の相対的国力が高い位置にあり続けるというストーリーに全財産を賭けていることと同じです.そのようなストーリーに自分の全財産を賭けられるかと言われたら,少なくとも私は即答でノーです.

    上の5ステップでマーケットに参加し続け,それと同時に投資の勉強を続ければ自分の投資スタイルが出来上がり,その時には不要な恐怖心はなくなっているはずです.

    それでは,また.

    スポンサーリンク

    Posted by Econ