ミリオネア・マインドのバイブルを紹介します

1オンスのメープルリーフ金貨

2022年7月25日おすすめ投資本ミリオネア・マインド

FIREを目指す人のバイブルと言われるトマス・スタンリーの『となりの億万長者』,その続編の『その後のとなりの億万長者』を紹介します.

  • ミリオネアとなった人たちの考え方や価値観,そしてそれに基づいてどのように行動しているかを解き明かした本.お金持ちになるためのハウツー本ではない.
  • お金持ちと同じ価値観を信じ,同じように考えるようになることがお金持ちになる第一ステップ.ミリオネア・マインドが身に付いていないと,いくらお金持ちの行動を真似たところで成功は覚束ない.
  • 本のメッセージ:富を築くのに一番大切なのは経済的に規律正しい行動を取ること
  • 研究対象となるミリオネアは1,000以上,科学的・統計的なアプローチで彼らの思考や行動をエビデンスに基づいて述べている

スポンサーリンク

著者トマス・スタンリーについて

スタンリー氏はアメリカ富裕層の思考や行動,生活スタイルについて研究した第一人者で,先に書いた『となりの億万長者』に加えて『なぜ,この人達はお金持ちになったのか』など多数の本を執筆しています.残念ながらスタンリー氏は2015年に交通事故で亡くなったのですが,今でも彼の著書は世界中で読まれています.

今回紹介する『その後のとなりの億万長者』はスタンリー氏の研究を娘のサラ・スタンリー・ファラー氏が引き継いで出版したものです.もう彼の本はもう出ないと思っていたので,このタイトルを偶然吉祥寺のジュンク堂で見つけた時は「読まない理由が見当たらない!」と衝動買いしました.

スポンサーリンク

ミリオネア・マインドに触れる

パームジュメイラの街並み

『その後のとなりの億万長者』,お金持ちになるためのハウツー本ではありません(前著の『となりの億万長者』や『なぜ,この人達はお金持ちになったのか』も同じくハウツー本ではありません).この本で学べることは,ミリオネアとなった人たちの考え方や価値観,そしてそれに基づいてどのように行動しているかを解き明かした本です.

「ミリオネアが何を考えて行動しているより,お金持ちになるために何をすればいいか知りたい」と思われるかもしれません.しかしお金持ちになるためには,まず「自分がどんな人間になるか」ということの方が大切です.勉強もスポーツも基礎が疎かだと応用が利かないのと同様,ミリオネア・マインドが身に付いていないといくらお金持ちの行動を真似しても成功はおぼつきません.お金持ちと同じ価値観を信じ,同じように考えるようになることが第一ステップです.

スポンサーリンク

本のメッセージ

洋書

富を築くのに一番大切なのは経済的に規律正しい行動を取ること」,これがこの本で繰り返されるメッセージです.経済的に規律正しい行動の一例としてお金に関する計画を立て,しっかり貯蓄」が挙げられます.

ミリオネア・マインドの持ち主の多くが,自分とその大切な人が幸せになれるように,しっかりとお金の使い方の計画を立てています.そのため,彼らの多くは見栄やSNS映え狙いでの消費は富を築くのには最も遠い行動だと考えています.

本の中ではお金持ちの実際の言葉も紹介されているのですが,「SNSに費やす時間の半分でも他のことに活用すればもっと成長できるのに.SNSは時間の無駄,刹那的で価値を持つものではない」や「消費を通して成功を誇示したいという欲求は富を築く上で大きな障害となる」という彼らの言葉にはドキッとします.

こんな人におすすめ

「貯蓄が大事なのはわかっているけど,欲しい物や必要なものが多くて貯蓄ができない」という人は一読をおすすめします.お金持ちの定義が「いい家に住んで,高級車に乗って,ブランド品をたくさん買ってる人」という人も,この本でミリオネア・マインドに触れると考えが変わるかもしれません.

450ページ近くあり結構なボリュームですが,難しくないのでスイスイ読み進められますし,繰り返しで少し冗長な部分もあるので,そういう箇所は飛ばし読みしていけばそんなに時間はかからずに一通り読むことができます.

まとめ

研究対象となるミリオネアは1,000を軽く超え,科学的・統計的にアプローチして彼らの思考や行動をエビデンスに基づいて述べているので,メッセージには信憑性があります.また,ネット記事やYoutubeでもミリオネア・マインドについて触れている記事や動画がたくさんありますが,この本を読めば,それらの多くがスタンリー氏の研究結果の二番煎じにすぎないことがわかります.

スタンリー氏の本を初めて読む人にはもちろんおすすめですが,これまで読んだことがある人も,ミリオネア・マインドの知識をアップデートするためにおすすめします.


では,また.
スポンサーリンク

Posted by Econ