貯まる家計簿はPL型

貯まる家計簿はPL型

2022年10月6日家計簿の作り方

家計簿をどういう構成にするかは,貯まる家計簿になるかそうでないかの分かれ道になります.

私は10年以上家計簿をつけている経験から,貯まる家計簿はP/L(損益計算書)と同じストラクチャーがいいという結論になりましたので解説します.

    貯まる家計簿はP/Lと同じストラクチャーがいい理由

  • 1. 家計の健全さをチェックするための指標を計算しやすい
  • 2. 固定費,変動費,臨時支出の配分がわかりやすく,課題をみつけやすい
  • 3. 予算と実績の振り返りが楽で,お金のPDCAを回しやすい

スポンサーリンク

我が家の家計簿ストラクチャー

我が家の家計簿ストラクチャー
家計簿とP/Lの構成比較

上図は,我が家の家計簿のストラクチャーとP/Lの基本構成を比べたものです.

「家計簿は家のPL」と言われるものの,実際にPLの形を用いている人は少ないのではないでしょうか.

私は簿記と米国公認会計士(USCPA)の勉強をしていて,その中で損益計算書もたくさん見てきましたが,そのストラクチャーを家計簿に適用したらどうなるか,と考えたのが家計簿にPL型を当てはめたきっかけでした.

結果,PL型の家計簿は私の家計マネジメントにフィットして貯まる家計簿に変わり,今では家計簿が貯蓄や家計管理に昔よりも確実に役立っていると感じています.

スポンサーリンク

家計チェックのための指標を計算しやすい

家計チェックのための指標を計算しやすい

家計簿のストラクチャーをPLと同じにすると家計チェックの指標の計算がとても楽です.

たとえば,私の家計簿の特徴は上のグラフにもあるように

  • 月次貯蓄:毎月の給与の中での貯蓄
  • 最終貯蓄:全収入から全支出を引いた最終的な貯蓄

の2つを計算しているところですが,これはPL型にデータを整備しておけば簡単に計算ができますし,割合(貯蓄率)を出すのも簡単です.

他にも,

  • 支出全体にかかる教育費がどれくらいか(エンジェル係数)
  • 支出全体に占める食費はどれくらいか(エンゲル係数)
  • 給料と不労所得の割合はどうか

など,PL型にデータを整備しておくと自分がチェックしたい指標を簡単に計算ができるので,いろいろな側面から家計を分析できます.

スポンサーリンク

支出の配分がわかりやすく,課題をみつけやすい

支出の配分がわかりやすく,課題をみつけやすい
とある月の支出割合

家計簿をPL型で整理すると固定費,変動費,臨時支出の割合を把握しやすくなり,自分の支出の傾向と対策が立てやすくなります

たとえば,臨時とは言いながら臨時支出が毎月多い場合など,衝動買いやムダな買い物はないか,という振り返りがしやすくなります.

また,変動費の中で食費の占める割合が多すぎるので外食を減らそうなど,費目の中で比較することで改善ポイントを見つけられるかもしれません.

お金のPDCAを回しやすい

お金のPDCAを回しやすい
とある月の予算と実績(数字はダミーです)

予算を立てて,計画通りの支出になっているかをチェックするお金のPDCAは家計簿の大事な役割の1つですが,これもPL型にデータを整理しておくと楽です.

私の場合,予算を立てるのは変動費のみで,いうのも固定費は数字が決まっていますし,臨時支出は自分でコントロール出来ない部分も多いためです.

このように自分が予算を立てる所を絞れれば負担も減りますし,続きやすい家計簿,結果的に貯まる家計簿を目指しやすくなります.

まとめ

    貯まる家計簿はP/Lと同じストラクチャーがいい理由

  • 1. 家計の健全さをチェックするための指標を計算しやすい
  • 2. 固定費,変動費,臨時支出の配分がわかりやすく,課題をみつけやすい
  • 3. 予算と実績の振り返りが楽で,次に活かしやすい

私も家計簿をつけていながら,あまり家計簿がワークしていないと感じる時期がありましたが,PL型にしてからはそれまでよりも貯まりやすい家計になりました.

家計収支の改善は投資の入金力に直結し,それは複利効果となって数十年後には膨大な差になります.

関連記事

貯まる家計簿を使って将来の資産形成がバラ色になるといいですね.


では,また.

スポンサーリンク

Posted by Econ