ウォールナットの一枚板テーブルをメンテナンス

2019年12月31日趣味・娯楽

どうも、Econです。

 

大晦日ですね。

大掃除の一環でテーブルのメンテナンスをしました。

 

我が家のリビングテーブルはオイル塗装のウォールナットの一枚板で、年に1, 2回、オイルを塗り込んでメンテナンスしています。

 

今日は一枚板のメンテナンスについて書いてみます。

一枚板を持っている人や、これからオイル塗装の一枚板を考えている人の参考になれば嬉しいです。

 

オイル塗装一枚板のメンテナンス手順

私がやっているメンテナンスの手順はだいたい次の流れです。

  1. 天板を水拭きして表面の汚れを落とす
  2. 水拭きが乾いたあと、刷毛でオイルを塗る
  3. ウェスでオイルを刷り込む

順番に見ていきます。

 

まず、天板を軽く水拭きします。

汚れがひどい場合は中性洗剤を薄めた溶液で拭いてもOKですが、洗剤を使った後は水拭きで洗剤成分を落とします。

 

水拭きが乾いた後に、刷毛で天板全体にオイルを塗ります。

オイルを塗る前に、天板がザラザラしていたり、大きなキズがあればサンドペーパーでヤスリがけをします。

因みに、我が家は3年弱使っていて、まだヤスリがけをしたことはありませんが、ヤスリがけをすると多少の傷やシミは消えて新品同様になるそうで、これがオイル塗装のメリットの一つですね。

 

刷毛で塗った後はウェスでオイルを刷り込みます。

拭くというよりは天板に塗り込んでいく感じなので結構力がいります。

 

一回塗り込んでも、しばらくするとオイルがじんわり表面ににじんでくるので、これをまた塗り込んでいきます。

この表面にじんわり出てきたオイルを放っておくとベタベタして後々処理するのがとても大変なので、吹き残しがないように注意です。

 

これがだいたいの手順です。

1から3までで30分くらいで終わるので、年に1, 2回であればそんなに苦でもありません。

 

因みに、私が使っているオイルは、アルボドスというオイルです。

家具職人さんがオススメしたくれたオイルで、粘性も少なく、色はクリアで扱いやすいです。

独特のにおいがありますが、すぐに慣れると思います。

また、自然塗料なので、小さい子どもや化学物質に敏感な人がいる家庭でも安心して使えます。

ただ、ホームセンターで売っているのは見たことがないので、買うとしたらネットですね。

私もAmazonで買いました。

 

メンテナンス前と後の変化

上がオイル塗装前、下がオイル塗装後の写真です。

オイル塗装前のウォールナットの一枚板オイル塗装後のウォールナットの一枚板

写真だとわかりにくいのですが、オイルを塗る前はカサカサしていましたが、オイルを塗ってツヤが戻り、家族も「天板が喜んでる」と形容してました。

 

オイル塗装はしっかりとメンテナンスをしてあげれば時間とともに風合いが増していきます。

この「時間をかけて育てていく」感じがオイル塗装の醍醐味であり、私はこの育てる感じがとても好きです。

 

一枚板のオイル塗装とウレタン塗装

一枚板のテーブルを購入する時、オイル塗装 or ウレタン塗装のどちらかを選びますが、それぞれに一長一短あるので結構多くの人がどっちにするか迷うと思います。

我が家はリビングテーブルとダイニングテーブルを一枚板にしており、最初に買ったリビングテーブルはオイル塗装一択でしたが、ダイニングテーブルは相当悩みました

ドラクエVの結婚イベントでビアンカにするか、フローラにするかと同じくらい悩みました。

ちなみに、私はフローラ派です。ストーリー重視ならビアンカというのは分かるのですが、イオナズン、ルドマンからの贈り物を思うと、どうしてもフローラです…。

 

結局ダイニングはウレタン塗装にしたのですが、これは正解だったと思います。

ウレタン塗装のメリットは日々のお手入れが水拭きだけでいいという点ですが、リビングテーブルとダイニングテーブルは汚れる頻度が全然違うので、ダイニングはこのメリットがフルに効きます。

 

ウレタン塗装なら、ホットプレートでステーキを焼いて油がはねても子どもがブドウジュースをこぼそうが平気ですが、オイル塗装なら、食事の度にヒヤヒヤして落ち着きません。

リビングテーブルとダイニングテーブルの両方を一枚板で考えている人は、リビングテーブル:オイル塗装、ダイニングテーブル:ウレタン塗装、というのはオススメです。

 

ウォールナットの一枚板のリビングテーブルにchilewichのランチョンマットを敷いてワインを飲めば、それだけで気分は充実です。

一枚板のテーブルは安くはないですが、毎日触れるものですし価格以上の価値はあったと思います。

 


人気ブログランキング
最後まで読んで下さりありがとうございます。
follow us in feedly
面白かったらフォローしてもらえると励みになります。

Posted by Econ