セクター分散でどんな相場にも耐える盤石な分散投資を目指す

投資ポートフォリオ,分散投資

どうも、Econです。

投資家なら分散投資は大事な戦略ですが、米国株投資家なら銘柄の分散だけでなくセクターの分散にも気を配りたいところです。
セクターとはS&Pとモルガン・スタンレーが策定した産業分類で、米国株は以下の11セクターに分類されています。

  • Consumer Discretionary (一般消費財)
  • Consumer Staples (生活必需品)
  • Energy (エネルギー)
  • Financials (金融)
  • Health Care (ヘルスケア)
  • Industries (資本財)
  • IT (情報技術)
  • Materials (素材)
  • Real Estate (不動産)
  • Telecom Services (通信サービス)
  • Utilities (公共事業)

例えばアップル (AAPL)やマイクロソフト (MSFT)は情報技術, コカ・コーラ (KO)やプロクター・アンド・ギャンブル (PG)は生活必需品セクターに分類されています。
このセクター分類は定期的に見直されていて、例えばディズニー (DIS)は昔は一般消費財に分類されていましたが、今では情報技術に分類されており、ビジネス環境の変化が激しい昨今ではセクターが変わるのはそんなに珍しいことではありません。

このセクターを分散投資に取り入れると、ポートフォリオを

  • コカ・コーラ (KO)
  • ペプシコ (PEP)
  • プロクター・アンド・ギャンブル (PG)
  • キンバリークラーク (KMB)
  • アマゾン (AMZN)

で構成した場合、銘柄レベルはたしかに分散出来ていますが、セクターレベルで見ると生活必需品に偏っています。
同じセクターにある属する銘柄は同じ動きをすることが多いので、これでは分散投資として不十分です。

同じ5銘柄でポートフォリオを組むなら

  • プロクター・アンド・ギャンブル (PG): 生活必需品
  • エクソン・モービル (XOM): エネルギー
  • JPモルガン (JPM): 金融
  • ナイキ(NKE): 一般消費材
  • アメリカン・ウォーター・ワークス (AWK): 公共事業

で構成したほうが分散投資として十分に機能します。

私の今年の課題はまさにこのセクター分散とバランス化です。
下のグラフは一年前と最新の私のポートフォリオ ¹を並べたものです。
1 インデックスと債券はセクターではないですが、ポートフォリオのバランスを見るために加えています。

2019年末は6セクターでしたが、今年はそこに情報技術と債券が加わり、8セクターに増えましたが、

  • まだ組み込まれていないセクターが5個ある (金融、不動産、公共事業、エネルギー、素材)
  • セクター間のバランスが悪い(生活必需品 26%に対して、通信サービスは2%, 資本財は3%)

が課題です。

一つ目の課題については、公共事業、素材を組み込みたいと思っています。
エネルギーに属する有名企業はオイルメジャーですが、オイルメジャーはESGの点で逆風なので無理して組み込むつもりはありません。
また、金融は低利率の常態化やFinTechが出てきたことでビジネスモデルが崩れつつあるので消極的です。
不動産もコロナによるオフィス需要の減少など、構造的に変わりつつあるのでちょっと様子見が必要です。

二つ目は、だいぶ下がってきたもののまだ生活必需品にセクター割合が偏っています。
なので、今年は生活必需品セクターへの投資を控え、新セクターへの投資と債券へも投資してバランスを取ります。

上のグラフは今年の理想セクターポートフォリオです、だいぶバランスが取れてて美しいですね。
ここまで分散化、バランス化できればポートフォリオリスクも目指す15%を達成できると思います。

銘柄とセクターを2重ドーナツグラフで毎月描くのは結構大変ですが、Pythonでコーディングしたのでプログラムを起動すれば指定した月の2重ドーナツグラフを描けるようになりました。

これから毎月の資産公開記事に追加していくつもりです。


人気ブログランキング
最後まで読んで下さりありがとうございます。
面白かったらフォローしてもらえると励みになります。
@investor_econ



Posted by Econ