the RIDGE 究極のミニマム財布を2ヶ月使ってみての感想

趣味・娯楽

どうも、Econです。

 

究極のミニマム財布、the RIDGEを使い始めてもうすぐ2カ月です。
ここらで、実際にthe RIDGEを使ってみての感想をレポートしてみたいと思います。

 

the RIDGEのメリット

小さい、軽い
もう、これに尽きます。

財布とキーケースとスマートフォン
外出時の3点セット。the RIDGEのコンパクトさが分かると思います。

私が外出時に持つものはthe RIDGE、スマホ、キーケースの3点セットですが、財布とキーケースがthe RIDGEに集約されたので、ポケットにすんなり収まるようになりました。

荷物が減ったので、週末外出する時はほとんど手ぶらです。

 

手ぶらで出掛けるといいですよ。
手ぶらだと、無意識でも腕がしっかり振れているのか、普段よりも速く歩けます
また、手ぶらで身軽だと気持ちも軽くなって、どんどん歩いてどこでも行っちゃおうという気になります。

どんどん歩けるので、2, 3駅くらいは簡単に歩けます
いい運動になって、電車代も浮いて一石二鳥です。

どうせ電車に乗ってスマホとかいじるくらいなら、歩いて頭の回転をよくすればいいアイデアも浮かぶかもしれません。

歩くことが脳にいいことは科学的にも証明されており、有名人でも散歩を日常に取り入れてる人は多いですね。
例えば、スティーブ・ジョブズは散歩を日課にしていたそうですし、ビル・ゲイツも寝る前に軽く散歩をして、思考をリセットしてから寝るそうです。

私もいいアイデア(と自分では思っている)を思い浮かぶのはだいたい走っている時かブラブラ散歩している時です。
「これはいいアイデアだ!」となった時はニヤニヤしながら走る変質者になりますが、嬉しくてニヤついているだけで危害はありませんので、見つけても通報とかしないようにお願いします。

 

the RIDGEの不便な点

2カ月使って、こういう時にちょっと戸惑う、というケースもあります。
それはATMで紙幣を引き出す時です。

the RIDGEはマネークリップになっていて、そこにお札を挟み込むのですが、紙幣の枚数が多いと立ちながら挟むのにちょっと苦労します。
ただ、これは慣れの問題かもしれません。

私はキャッシュレス化を進めており、現金で払うのは病院とガソリンスタンドくらいなので、現金を引き出す頻度が低く、まだこの作業に慣れていませんが、慣れれば問題なくなるかもしれません。

 

また、the RIDGEには15枚くらいカードが入りますが、パンパンになるのが嫌なので私は10枚くらいに収めています。
なので、外出先によっては出掛ける前に必要なカードを入れ換える必要があり、人によってはこれを面倒と感じるかもしれません。

私は、前の財布を使っていた頃から、財布が膨れて型崩れするのが嫌いで、普段から最小限のカードしか財布に入れておらず、出掛ける前に必要なカードを補充するという同じ作業をしていたので全然苦にはなりませんが。

 

因みに、小銭が出た時はどうするの?

と思うかもしれませんが、私のキーケースは小銭入れ部分があるので、小銭が出た時はそこに入れて、家に帰ったら小銭を貯金箱に入れてキーケースの小銭入れを空にしています。

小銭入れがないという人で、the RIDGEを使いたい、という人は小銭入れを用意すると、小銭が出てもジャラジャラしなくていいと思います。

the RIDGEをより快適に使うために

持っているポイントカード類でできるものはアプリ化しました。
実際に調べてみると結構アプリ化対応している物は多くて、私はTカード、ブックオフ、東急ハンズ、茅乃舎、ジュンク堂と5枚をアプリ化して減らすことが出来ました。

普段使いのカードを減らせればそれだけthe RIDGEもスリムになりますので、より快適な手ぶらライフが楽しめます。

 

まとめ the RIDGEを2カ月使っての感想

最高です。
お金持ちは長財布を使う、という本の影響で長財布に憧れた時期もありましたが、もう普通の財布には戻れません

ターミナル駅なんかでは、手ぶらで歩いている人は少ないので、ちょっと浮いているように見えますが、この身軽さはクセになり、もうやめられません

 

私が歩くのが好きというのもあると思いますが、手ぶらで歩くと本当に快適で、いつまでも歩いていられるような錯覚に陥ります。

色々持ち歩いていないと不安で…という人もいるかもしれませんが、手ぶらで外出する時は、外出前に寄る場所と必要なものを念入りに想定するので、私は手ぶらで困ったことは一度もありません。

いいボケ防止にもなっているかもしれません(笑)

 

外出する時の持ち物を減らして、手ぶらでガシガシ歩く。

いいですよ、これ。

 


人気ブログランキング
最後まで読んで下さりありがとうございます。
follow us in feedly
面白かったらフォローしてもらえると励みになります。

Posted by Econ