買ってよかったもの ポーレックス コーヒーミル・II ミニ

趣味・娯楽

どうも、Econです。

 

私が使っているジャパンポーレックスのコーヒーミル・II ミニのいいところをご紹介します。

 

ミルを買ったきっかけ

私がコーヒーミルを使うようになって3年くらいです。

その前からコーヒーは珈琲屋で買っていましたが、ミルを持っていなかったので豆は店で挽いてもらっていました。

 

ある時、私がコーヒー好きだと知っている人からコーヒー豆を頂く機会があり、それを機にミルを買ったのがきっかけです。

豆のままの方が酸化しにくいので、コーヒーの美味しさが長持ちする

と知っていたので元々ミルに興味はあったので、豆をもらったことで背中を押された感じです。

 

ポーレックス コーヒーミル・II ミニにした理由

ミルを買うにあたって一番重視したのは場所を取らないことです。

電動のコニカル式などの高級器具も惹かれたのですが、結構大きくて場所を取ります。

いつもキッチンに出しておくのは邪魔だし、飲む度に棚から出してくるのも面倒です。

 

その点、コーヒーミル・II ミニは手に収まる大きさなので場所も取りません。

テーブルの上にコーヒーミルが乗っている

また、私はたまに登山をしますが、その時にも豆をつめたミルを持っていきます。

コンパクトなので邪魔になりませんし、軽いので負担にもなりません

頂上で飲む挽きたてのコーヒーは格別ですよ。

 

コンパクトですが二人分の豆を一回で挽けるので、だいたいのシーンはこれでいけます。

我が家も、一回挽けば私と妻の分は十分に淹れられます。

コーヒーミルにコーヒ豆がいっぱいつまっている
満杯に豆を入れると、ちょうど二人分くらいです。

 

コーヒーミルの不便な点

全てのミルに言えますが、使った後に洗わなければいけません

特に豆を挽く刃の部分は細かい溝も多いので、歯ブラシ等で汚れを落とす必要があります

 

手間がかかるのが不便な点ですが、これだけで格段においしいコーヒーが飲めるので、苦にはならないです。

 

コーヒー豆を挽く生活

ミルを買ってからはコーヒー豆を買って、飲む直前に挽いています。

ちなみに、私がよく行くのはやなか珈琲店です。

たくさん買うほど割引が大きくなるので、500gをまとめて買うことが多いです。

ポイントカードもすぐに貯まります。

店舗の殆どは都内ですが、都内やその近郊に住んでいる人にはおすすめの珈琲屋です。

 

以前は粉で買っていたものを豆で買うようになってから、おいしく保存できるようになったと思います。

私はだいたい2ヶ月くらいで豆を使い切りますが、最後の方に淹れる場合でもしっかりとコーヒードームができるので、豆が新鮮なまま保存できているのがわかります。

 

やはり飲む直前に挽いて淹れたコーヒーは美味しいですね、特に香りはインスタントと比較すると全然違います

会社では仕方なくインスタントコーヒーを飲んでいますが、家ではもう、インスタントコーヒーは飲めません

 

ウォールナットのテーブルにchilewichのランチョンマットを敷いて、挽きたてのコーヒーと焼き立てのパンと自家製ジャムで週末の朝ごはん、これが私のAnother sky

コーヒーが入ったコーヒーカップ


人気ブログランキング
最後まで読んで下さりありがとうございます。
follow us in feedly
面白かったらフォローしてもらえると励みになります。

Posted by Econ