ピアノを趣味におすすめする 4つの理由

趣味・娯楽

どうも,Econです.

私はランニングが趣味だとこのブログでも何回か書きましたが,ランニング以外にもピアノが趣味です.

ピアノを趣味として始めて半年くらい経ちましたが,ピアノは大人が楽しむ趣味としてかなりいいと思い,ピアノをおすすめする理由を書いてみました.

思ったよりもお金がかからない

ピアノ = お金がかかるというイメージがあります.

たしかに子どもの習い事としては

  • そもそもピアノを買う必要がある
  • 毎月の月謝
  • 楽譜代,発表会の出演料やそれに向けた衣装等(これが地味に響く)

とかくお金のかかる習い事というのは確かで,私も二人の子どもにピアノを習わせてますが毎月ヒィヒィ言ってます.

ただ大人の趣味としては,お金をかけずにピアノを楽しむことは充分可能です.

ピアノの購入費用

子どもが習い事でピアノをやっているならそれを使えばOKです,初期費用ゼロで始められます.

家にピアノがない場合,こだわって高級な電子ピアノ,アコースティックのアップライトピアノやグランドピアノを買えば数十万から数百万円しますが,数万円の電子ピアノでも大人の趣味としてなら充分楽しめるとは思います.

我が家は子どもがピアノを始める時に,昔使っていたアコースティックギターのアップライトピアノの弦を全て張り替えたものを使っていて,その時は約50万円かかりましたが,ほぼ毎日家族の誰かが弾いているのでその価値はあったと思います.

メンテナンス費用として年に1回の調律が2万円弱ですが,電子ピアノならこのメンテナンスも不要です.

レッスンの月謝

レッスンに通うかどうかは人それぞれです.

まず,ピアノをゼロから始めようという人はレッスンに通う必要があります.

楽譜の読み方を独するのはあまりに非効率で,よほど強い意志がなければ曲が弾けるようになる前に挫折するのは明らかなので,ある程度の期間はレッスンに通う必要があります.

レッスンに通う場合,月謝は教室によりピンキリではあるものの,週一回30分のレッスンで1万円強というのが相場で,ピアノが習い事として特段高いわけではありません.

一方,ピアノ経験がある人はそれぞれの判断で教室に通うか独学かを決めればよく,独学ならもちろん月謝はかかりません

私は小学生までピアノを習っていて,週一回のレッスン前に30分だけしか練習しないという超不真面目な生徒でしたが,それでも大人になって弾いてみると案外短期間でカンを取り戻すことができたので,今は独学で練習していてピアノの練習にはお金はかかっていません.

将来,難しい曲が弾きたくなって先生の指導が必要になったら教室に通うかもしれませんが,しばらくは大丈夫そうです.

ピアノは初心者にうってつけの楽器

ピアノは叩く鍵盤によって出る音が決まっているので楽器初心者にもハードルが低い楽器です.

妻がバイオリンをやるので試し弾きをしたことがありますが,弦を押さえる位置によって出る音が違うというのは,ピアノしか弾けない私には至難でした.

弓を引いてもバイオリンから出るのは聞くに堪えない音ばかりで,しずかちゃんのバイオリンのような音ってほんまにでるんやな,とある意味新鮮でした.

バイオリンを弾く前,「ピアノとバイオリン,両方弾けるとかめっちゃカッコよくない?」と一瞬でも思った自分の甘さに鉄槌を下したいです.

ピアノは年を取っても楽しめる

私は今30代なので,まだしばらくはランニングを趣味として楽しめると思います.

しかし,年を取ったらランニングを趣味にし続けるのはキツイかもしれません.
ランニングを続けるのが目的になって,楽しくないのに無理して走りつづけるなんて本末転倒ですしね.
また,怪我をして走れない時期というのも出てくるかもしれません.

その点,座って腕を動かすことができれば楽しむことができるので,ピアノは年を取っても続けやすいです.

また,よく言われており科学的にも実証されていますが,ピアノは脳の活性化に最高のトレーニングです.

  • 譜読み:後頭葉視野覚
  • 譜読みを蓄える:側頭頭頂部と前頭前野のワーキングメモリー部分強化
  • 演奏:頭頂葉で鍵盤の位置把握,前頭葉運動野で身体への命令
  • 聴音:聴覚野,言語野
  • ピティナHPより https://research.piano.or.jp/series/piano_happen/brain/2019/09/taki02.html

とピアノを弾いている時,人は脳のいろいろな領域をフルに使っています.

他の楽器も脳の活性化に役立ちますが,その中でもピアノの効果は特に高いそうです.

思えば,子ども時代を振り返ってみると,ピアノをやっている子は私を除いて総じて頭が良かったです.

また,私の高校は県内一の進学校で,男子校でしたがピアノが弾ける生徒は多かったです.
その学校は勉強と同じくらい,もしかしたらそれ以上にスポーツや行事にも力を入れているので,スポーツができるやつもめちゃくちゃ多かったですが.

仕事以外の人脈が広がる

これはまだ出来ていないので私自身の課題でもありますが,ピアノを通して人付き合いを広げるチャンスもあります.

音楽教室に通ったり社会人の音楽サークルに所属すれば会社以外での人間関係が広がるチャンスがあります.
しかも同じ趣味を持った人の集まりなので意気投合しやすいはずです.

会社以外にも人脈を広げることで人生はもっと面白くなります.
なので,会社の人間関係はそこそこでいいですが,プライベートではいろいろな人と付き合いと思います.

ピアノを再開してまだ半年ですが,もう少し自分の演奏に自信が持てるようになったら社会人サークルにでも所属してみようかなと考えています.

まとめ

ピアノが大人の趣味としておすすめできる理由を4つ挙げました.

私自身の経験から言っても

  • 費用は弾きたい曲の楽譜代だけで一ヶ月あたり数百円
  • 長いブランクがあってもカンは取り戻せる,再び楽しめる
  • 子ども時代,ピアノをやっている子は頭がいい子が多かった
  • 将来的には社会人サークルに所属して人付き合いを広めたい

です.

そして何よりもピアノを演奏するのは楽しいです.

Youtubeを観てても,以前はいい曲だという感想しか持たなかったのも,この曲弾けたら楽しいだろうなとワクワクすることも増えました.

No music, no life.

それでは,また.



Posted by Econ