マネーブログを読む時は批判的になろう クリティカルリーディングのすすめ

その他

どうも、Econです。

 

世の中には素晴らしいマネーブログが沢山あります。もう、私なんか足元にも及ばないレベルもゴロゴロあります。読んでいて、このブログ、下手な投資本よりも内容が濃いな…と感じるブログもあります。

 

さて、このように質の高いマネーブログがインターネットで簡単に見つけられますが、そうした質の高いものでも、マネーブログを読む時に気をつけたいことは何かと考えると、内容を盲信してはダメで批判的に読む、ということです。

 

批判的に読む、と言っても、書いてあることにいちいちケチをつけて読む、ということでは決してありません。そうではなく、記事を読んだら、この記事を書いている意図は何だろう、とか、この記事の通り行動したとして一番メリットを受けるのは誰かな、といったことを一度立ち止まって考えてみるといい、ということです。

 

というのも、多くのブロガーはブログをやる意図として有益な情報を伝えたいというのがモチベーションになっていますが、中にはアフィリエイトやコミッションのための誘導もあるからです。因みに、こんな零細ブログにはそんなオファーも来ませんので、ご安心を(笑)

 

例えば、ある有名なマネーブログでオススメのクレジットカードが紹介されていたとします。その記事をきっかけにして、自分でも吟味したうえで確かにこのクレジットカードは良い!!と納得して申込みをするのはOKですが、あの有名ブログがオススメと言っているんだから良いに違いない!といって飛びつくのは危険です。

 

そのブロガーがコミッションをもらっている、という事実確認が取れれば一番いいのですが、そんなことはできません。なので上に書いたように、この記事の通り行動したとして一番メリットを受けるのは誰かな、といったことを一度立ち止まって考えてみるといいと思います。そう考えて自分にメリットがある、となれば、その時はその記事の内容を受け入れれば良いのです。

 

私も、何人かのブロガーに会って話をしたことがありますが、書いていることと、本当に思っていることが一致しているかというと、必ずしもそうではありません(もちろん、全く心にも思っていないことを書いたり、悪いと思っていることを良いと書くなんていうケースはありませんでしたが)。本当に思っていないことでも書くことがあるそうで、その理由を聞くと、その方がウケが良いから、だそうです。

 

少しでも多くの読者に読んでもらいたいという思いは人の性ですから、これは仕方のないことだと思います。嘘の情報を書くことは許されませんが、これ位の調整を行うことは程度の差はあれ、どのブロガーもやっていることでしょう。

 

だとしたら、読者の方がそれを超える必要があり、そのためには上に書いたように批判的に読むことが必要だと思っています。このブログに書かれていることだって、本当に?と疑ってみることは大事です。そうした読者のフィルターをくぐり抜け、このブログが読者からの信頼を得て、読者のためになるという段階にたどり着くのが、私が目指すゴールです。

 


人気ブログランキング
最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
よろしければ応援よろしくお願いします。
[adchord]



Posted by Econ