新宿から『耳をすませば』の街,聖蹟桜ヶ丘へ街歩き

2018年8月21日趣味・娯楽

どうも,Econです.

 

以前の記事で紹介しましたが,私は街歩きが好きです.街歩きをしていると,その街の雰囲気を直接感じる事ができて楽しいです.

住みたい街ランキングの常連を街歩き 下北沢から吉祥寺

 

ただ,その距離が一般的な人からすると結構ぶっ飛んでるようで,10キロなら全く問題なく歩きます.20キロでも体調や天候が悪くなければ行けます.

この日は新宿から甲州街道を府中まで歩き,そこからジブリ映画の『耳をすませば』の舞台となった街としても有名な聖蹟桜ヶ丘まで,合計35キロでした.これ,私にとっては普通です.

 

 

本当は,甲州街道も起点はご存知,日本橋ですが,日本橋から新宿は歩いたことがあったので,今回は新宿からスタートです.

新宿駅南口.甲州街道,国道20号です(少し指がかかってしまった…).首都圏の人には見慣れた景色ですね.

 

甲州街道は京王線とほぼ並走しているので,京王線の駅がどれ位歩いたかの目安になります.初台,幡ヶ谷と過ぎて明大前まで来ると,以前下北沢から吉祥寺まで歩いた時に渡った歩道橋にぶつかりました.「この前はこの歩道橋を渡って神田川沿いと玉川上水を歩いたんだよなぁ」としみじみしながらも明大前を通過します.

明大前駅から吉祥寺行きの井の頭線が出発しました

 

新宿駅を出た後,甲州街道は初台の手前から約8キロ位,ずっと首都高が上を通っています.上北沢まで来ると首都高が右にそれていきます.ずっと並走してきたので,離れるのはなんだか名残惜しいですが,私は甲州街道を進みます.

首都高が右にそれて行きます.

 

上北沢を過ぎるとすぐに環八と交差する交差点にぶつかります.これも突っ切ってひたすら歩きます.今回はとにかくガシガシ歩いたのであまり写真を取っていません.

途中,つつじヶ丘駅前の喫茶店で15分ほど一休みをして,シャキッとした後,調布を目指します.

 

ここら辺りの京王の駅は間隔が短いので,調布には比較的すぐ着きます.布多天神社と電気通信大が見えたら,ちょうど調布です.今回のルートではここ調布でちょうど半分ちょっとです.

調布駅を過ぎてしばらくすると中央道の調布ICとぶつかり,それを超えるとすぐに味の素スタジアム,味スタが見えてきます.味スタにはこれまで何度も来ましたが,ペデストリアンデッキしか使ったことがなかったので,甲州街道から見る味スタは新鮮でした.

ペデストリアンデッキから「この道路,甲州街道なんだよな.いつか新宿から歩いてみたいな」と常々思っていたので,今回歩けて良かったです.

味の素スタジアム.当日はFC東京の試合をやっていました

 

味スタを過ぎるとすぐに府中市に入ります.最近,やっと区別がつくようになりましたが,私はしばらく,調布と府中を区別するのに苦労しました.「調布と府中,どっちが新宿寄りだっけ?」とよく友達に聞いてました.

今回のウォーキングでは,府中駅前の交差点を左に曲がり,甲州街道とはお別れです.府中駅の近くには有名な大國魂神社がありますが,ここは何回も参拝しているので,今回は素通りします.

 

府中本町,分倍河原,中河原駅を通過して関戸橋の辺りまで来ると,だいぶ日も傾いてきました.関戸橋から聖蹟桜ヶ丘方面を望むと景色がキレイだったので,一枚写真を撮りました.

関戸橋から聖蹟桜ヶ丘方面.聖蹟桜ヶ丘は高いビルが多いですね

 

聖蹟桜ヶ丘はスタジオジブリの『耳をすませば』の舞台になった街で有名です.街のあちこちに映画に出てくるのとそっくりの場所があり,ジブリ好きにはたまらない街だと思います.

私は友人が近くに住んでいたこともあり,聖蹟桜ヶ丘はもう10回以上訪れています.この日はもう夕方だったので『耳をすませば』のスポット散策をしている人はいませんでしたが,聖蹟桜ヶ丘に来る度に,『耳をすませば』目当てと思われる人が結構います.

 

中でも特に人気があるスポットは聖司が雫に告白した丘です.昔はこの丘に入ることはできたのですが,今はもうフェンスが施錠されていて入れません.

おまけ.10年位前,その丘から撮った写真です.今に比べると結構空き地が目立ちますね

 

聖蹟桜ヶ丘は街全体が落ち着いていて,小高い丘からの景色もきれいで魅力的な街だと思います.ただ,坂が多いので実際に暮らすとなると大変なのかもしれませんが.実際,丘の上にある一軒家は最近空き家が増えていると雑誌の記事で読んだことがあります.

 

聖蹟桜ヶ丘の隣の永山まで歩き,そこから電車で帰りました.その前に,永山駅前の西友でお決まりのビールを買って帰路につきました.お疲れ様でした.

距離が長すぎてポイントが重なっていますが,今回の記録です

 


人気ブログランキング
最後まで読んで下さりありがとうございます.



Posted by Econ