大人気 昭和記念公園レインボープールの攻略

2018年7月28日趣味・娯楽

どうも、Econです。

 

今日は立川の昭和記念公園のレインボープールのレポートです。子どもたちが以前から行きたいと行っており、私自身もプールなんてもう何年も行っていないため、楽しみにしてました。これから行く人は参考にしてみてください。

因みに、今回は写真はありません。プールで写真撮ってあらぬ疑いをかけられるのを避けるためですw

 

はじめに

レインボープールはとにかく混雑必至です。特に土日はひどいです。プールは9時半開園ですが、9時半目指して行っても入れません。ほぼ間違いなく公園の駐車場は満車になっており、近くのコインパーキングに停めることになります。 また、プール内も到る所で行列です(特にスライダー)。混雑、行列が嫌いな人はケンカになる恐れがあるので、休みを取って平日に行きましょう…。

 

チケット料金

まず、公園の入口にあるチケット売り場でチケットを買います。

  • 大人2,500円
  • 子ども(小中学校)1,400円
  • 幼児(4歳以上の未就学児)500円

です。私はセブンチケットで前売りのプールパスを買っており、その料金は

  • 大人5,400円
  • 子ども(小中学校)2,700円
  • 幼児(4歳以上の未就学児)700円

です。今年の分はもう終わってますが、かなりお得なチケットなので、行くと決めている人は事前に買っておくといいと思います。

前売り価格ほど安くはありませんが、パスはプールチケット売り場でも売っています。

  • 大人6,700円
  • 子ども(小中学校)3,400円
  • 幼児(4歳以上の未就学児)900円

前売りに比べると高いですが、それでも3回行けば元が取れるので、何回か行こうと思っている人は買ってしまった方がいいでしょう。

因みに、土日はチケット売り場がかなり行列し、30分ほど並ぶこともあります。炎天下30分も並んでいたら遊ぶ前からぐったりなので、チケットは事前に用意しておいたほうがいいです。

 

プールまではバスか徒歩

公園を入ってすぐに、プールまでのシャトルバスが無料で出ています。土日だと5分間隔で運転していますが、結構並びます。昭和記念公園はめちゃくちゃ広いのですが、立川口からプールまでは歩いて15分程度で着くので、あまり行列が長い場合は、歩いたほうがいいかもしれません。因みに、西立川口からは歩いて5分位でプールまで行けます。電車で行く人は西立川駅で降りて、西立川口を利用するのがいいでしょう。

 

プール内の施設

プール内はスライダー、流れるプール、波の出るプール、滝のプールなどがあり、一日中楽しむことができます。特にスライダーは大人気で、土日ともなれば、一時間近く並ぶこともザラです。スライダーは浮き輪を使わずに一人で滑るコースと、浮き輪を使うコースで、一人で滑るのと二人で滑るのがあります。浮き輪を使う二人コースは回転が悪くかなり待つので、子どもが一人でも滑れるのなら、浮き輪なしの一人コースがおすすめです。

身長120センチ未満だとスライダーは滑れないので、その時は幼児用スライダーで遊べます。こっちも、短いですが結構楽しいです。

 

まとめ

なんだかダラダラと書いてしまいましたが、まとめると

  • とにかく混雑は必至。土日はできれば8時台には到着すること。また、何をするにも、行列に並ぶことは覚悟する。
  • 休みが取れるのであれば、平日に行ったほうがいい
  • 立川口から出るバスの行列がひどい時は歩いたほうがいいかも
  • 3回以上行くのであればプールパスを買おう

 

です。ぜひ、子どもたちと楽しい夏休みの思い出を!!

 


人気ブログランキング
最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

Posted by Econ