平日のスタバは休日と全く違う世界が広がる

生き方

どうも、Econです。

 

昨日は久しぶりに平日に休みを取れました。子どもたちは学校、幼稚園だったので家族でどこかに出かける事はできませんでしたが、これまた久しぶりにスタバに行ってみました。

駅前のスタバだと諸々の事情で不愉快になりそうだったので、家から自転車で20分位にあるドライブスルー併設型の行ってみたのですが、普段のスタバとは違った世界で面白かったので書いてみます。

 

平日の午後プラス郊外の店舗という合わせ技で、普段のスタバとは客層が全然違います。

まず、全体的に年齢層は高めで、男性は本を読みながらコーヒーを飲んだり、女性はグループで談話したりしています。私の住んでいる地域はオシャレな町でも何でもありませんが、紳士淑女の雰囲気を醸し出している方が多いです。

 

私はドヤ顔Macと呼んでいますが、MacBookを広げているドヤラーはいませんし、試験勉強をしているような人もいません。コーヒー一杯で何時間粘るんだ、というような高校生もいません。

スタバに行ってもまず席を探すのに一苦労、幸いに席が見つかってもドヤラーが目についたり、もう飲み終わってるカップをテーブルの上に出して、混んでいるのも構わず試験勉強してたりする人が目についてどうしても…となるので、最近はスタバには殆ど行かなくなりました。

 

それが今日行ったスタバでは、キャラメルマキアートの香りが染み込んだスタバの甘い匂いを楽しみながらコーヒーを飲むことができました。

同じチェーンでも時間と場所を変えるとこうも違うのかと発見できて面白かったです。投資では逆張りですが、人生も逆張りでFIRE (Financially Independent Retire Early)すれば、また違った世界が見えるのかもなーと思いました。

 


人気ブログランキング
最後まで読んで下さりありがとうございます。
follow us in feedly
面白かったらフォローしてもらえると励みになります。



Posted by Econ