SBI銀行のドル預金積立てを倍増開始

どうも、Econです。

 

タイトルの通りなのですが、SBI銀行では外貨預金の積立設定ができ、私はドル預金を毎日4,000円積立てていましたが、それを毎日8,000円積み立てることにしました。

毎日8,000円積み立てれば、年間営業日がだいたい240日なので、192万円の拠出となり、100円/ドルとすると、17,454ドルとなります。

これに配当から来るドルを加えれば、年間の投資余力としてはまずまずではないかと思います。

 

毎日8,000円を積立てていると、結構なスピードでドルが積み上がっていきます。具体的には、レートを110円/ドルとすると毎日72.7ドル、一週間で約360ドル、一ヶ月で約1,440ドルとなります。

証券口座にドル預金を置いても利息はつきませんが、結構なスピードで積み上がっていくドルに利息がつかないのはもったいないです。

私は外貨建MMFはあまり好きではないのですが、これだけのスピードで積み上がって行くのであれば、機動的に動けるように一定額は手元に残しつつ、残りを外貨建MMFに振り向けるのもありかもしれないと考えています。

因みに、私が外貨建MMFをあまり好きではない理由については次の記事に書いてあります。

外貨建てMMFは本当にメリットのある商品なのか

 

SBI銀行は外貨預金の手数料がFXと肩を並べるくらい安く、ドルだと1ドルあたり4銭で、一年間では約700円 (= 17,454ドル × 0.04)です。コストにはかなり敏感ですが、これはコストとしてはゼロとみなしていいレベルです。

このレベルのサービスを享受すると、メガバンクが相対でやっている外貨預金の手数料がバカバカしくなります。もちろん、利用したことなんてありませんが。

 

これからどんどんドル預金が増えて米国株への投資余力が増えると思うと、ワクワクします。

 


人気ブログランキング
最後まで読んで下さりありがとうございます。
follow us in feedly
面白かったらフォローしてもらえると励みになります。



投資

Posted by Econ