投資がシステムとして機能し始めた気がする

2019年9月21日投資配当

どうも、Econです。

 

最近、あまり意識をしなくても投資用資金が積み上がっているというシステムが構築されつつあります。以前は投資用の米ドルをスポットで買い付けていたために、なかなかタイミングに恵まれずに米ドルが積み上がらなかったのですが、今では毎日米ドルを積立てています。

当然、毎日積立てている結果を見るなんて面倒なことはしないのですが、気が向いた時にドル預金口座を見ると、おっ、知らない間にもうこんなに積み上がっている、ということがよくあります。私は現在、毎日5,000円を積立てていますが、これだけの金額を積立てていると、結構なスピードでドル預金が積み上がり、持っている銘柄からの配当を含めると1ヶ月で1,000ドルを超えます。これだけ積み上がっていると、投資をする時も機動的に動けます。

 

最近、こんな感じで投資がシステムとして組み込まれてうまく機能し始めたと感じています。あとは、このサイクルをどれだけ早く回すことができるかがカギになると思っています。

そのためにも、

米ドル積立て→投資→配当再投資→米ドル積立て→…

というサイクルを回し続けることが必要だなと感じています。投資の部分は銘柄の自動購入はしていませんが、ETFは定期買付にしているので、一部は投資の自動化が出来始めています。

前の記事でも書きましたが、雪玉の芯はできつつあります。あとはこれが転がり続けて大きくなってくれればいいと思っています。

 


人気ブログランキング
最後まで読んで下さりありがとうございます。
follow us in feedly
面白かったらフォローしてもらえると励みになります。



Posted by Econ