魅力は減ったがその中でも惹かれるふるさと納税を挙げてみる

税金

どうも、Econです。

 

ふるさと納税の返戻率が見直されてから、すっかりふるさと納税に対するモチベーションが落ちています。去年までは、

この金額でこれだけのものがもらえるなんて活用しなきゃ損!

というものも多かったのですが、見直しがされてからは

まあ、やらないよりはましかな

程度になり、明らかにモチベーションが落ちました。

以前はもっといい自治体はないか比較検討をしていたのですが、最近は探してもあまりお得な自治体が見つからなくなってしまったので、これまで寄付したものをリピートするのがほとんどになっています。

 

私は、ふるさと納税は自治体の競争なんだから、総務省がとやかく口出しするのはどうなのかと思っています。確かに、地場産品と全く関係ないAmazonギフト券などを配るのはどうかと思いますが、槍玉に挙げられる泉佐野市なんかは地場の特産品を返礼品としてオファーしていました。

 

前置きが長くなってしまいましたが、今年私が寄付したものをご紹介します。

  1. 宮崎県都城市 焼酎一升瓶4本セット 13,000円
  2. 宮崎県都城市 豚肉切り落とし5.2kg 13,000円
  3. 秋田県仙北市 あきたこまち50kg(5kg×2×5ヶ月) 50,000円

他にも控除対象から外れる前に泉佐野市にも寄付したのですが、今は外れてしまい、寄付するメリットがなくなったのでここでは割愛します。

 

まず都城市の焼酎一升瓶4本、昔は4本で1万円だったので非常に魅力的でした。それが今年に入って13,000円になり、返戻率が見直されてからは20,000円になり、魅力がどんどん減っています。昔は寄付していたのですが、残念ながらもうこの返礼品を目当てに寄付をすることはないでしょう。

 

2件目も都城市です。都城市の豚肉、鶏肉は昔に比べて魅力は下がりましたが、それでもまだ魅力的なものがあるので、使いやすい部位をできるだけ多くもらえるものを探して寄付するようにしています。

 

3件目は秋田県仙北市のあきたこまちです。米はスーパーで買って重いのを担いで持ってくるのが嫌なので、ここ最近はずっとふるさと納税を活用しています。おそらく米はもう4年くらい買っていないと思います。

昔は岡山県総社市が30,000円で60kgの玄米(同じ額で白米もありましたが、玄米の方が保存期間が長いのと、栄養価がたかいので、玄米を選んでいました)を提供してくれていたのですがそれも60,000円になってしまいました。

総社市の問題点は楽天ふるさと納税ができない点で、楽天ヘビーユーザーの私にとってそれは痛い問題でしたが、昔はそれを補って余りある返礼品でした。

残念ながら、今年からはそうでなくなってしまったので、同じ返戻率で楽天ふるさと納税が利用できる仙北市に切り替えました。

50,000円をお買い物マラソンと5の倍数の日と絡めれば結構なポイントがつきますからね。

 

今年も残すところあと3ヶ月ちょっと、あと50,000円くらいはふるさと納税の枠が残っているので、たぶん都城市の豚肉や鶏肉をリピートすることになると思います。

 

以前に比べてかなり魅力が減ってしまいましたが、それでもやらないよりはいいので、実用的なものを見つけて寄付できるといいですね。

 


人気ブログランキング
最後まで読んで下さりありがとうございます。

面白かったらフォローしてもらえると励みになります。



Posted by Econ