運用状況 2019年8月

2019年8月31日運用状況VTI

どうも、Econです。

 

まだまだ暑い日が続きますが、今日で8月も終わりです。私は今月、夏休みを取ったのですが、私が夏休みの間も、アメリカと中国の間での報復関税の応酬が盛んでしたね。

せっかくの夏休みなんだから、少し休もうよ。

 

毎月実施している運用状況のチェックをしていきます。

 


資産額の変化

8月は7月よりも少し資産額が減りました。

一番の原因は国内株の不振ですね。私はもう、日本株に投資をしないと決めたのですが、米国株と日本株のパフォーマンスを比較すると、日本株があまりにひどくてうんざります。

 

先日、ソフトバンクの孫正義社長が「日本はAI後進国だ」という「衰退産業にしがみついている」という発言をして色々な反応がありましたが、投資に関しても日本は間違いなく後進国ですね。

少し話はそれますが、経済の面で言っても日本はもはや先進国でないというのは残念ながら事実だと思います。認めたくない人は多いと思いますが。

日本の一人あたりGDPは20位でもはやトップ集団からは脱落していますし、賃金も先を行く他の先進国にどんどん引き離され、今はまだ後ろにいる途上国にもどんどん追いつかれています。

官製相場という不健全な市場だけでなく、日本の状況がこんなんなので、日本株を買おうとは思えませんね。


アセットアロケーションの変化

 

今月は

  • ジョンソンエンドジョンソンとVTIを追加購入
  • 円高だったので2,000ドルをスポット購入

しました。ドル保有額が結構増えたので海外株式と海外債権の比率が上がって現金比率が減ってるかなーとワクワクしていたのですが、ほとんど変わりませんでした…円高効果で行って来いになってしまったようです。それでも、ドルを日本円に交換するつもりは今の所全く無いので、あまり気にしていません。

むしろ、ドル保有額は着実に増えていますし、国力の差を考えると円安方向に振れやすいので、円安になった時に一気にブーストがかかるのを期待しています。

米国株パフォーマンス

米中貿易摩擦の激化で景気の悪化懸念が強まり、資本財セクターのスリーエムが大きく下げています。

一方、ディフェンシブ銘柄のKOやVZは健闘しています。JNJもディフェンシブ株ですが、訴訟リスクがくすぶっているので、軟調ですね。

ポートフォリオのパフォーマンスは-0.15%、先月とほとんど変わりませんでした。S&P500が-0.9%だったので、一応市場平均はアウトパフォームしましたが、レベルの低い戦いですね…。S&Pが-0.9%ですが、VTIが-2.1%なので、アメリカの小型株のパフォーマンスが上手く行っていないということでしょうか。

VTIとVOOを両方持つ意味はあまりないと思うので、毎月の積立はしばらくVTIで行くつもりですが、VTIとS&Pのパフォーマンス比較はしていきます。

 


人気ブログランキング
最後まで読んで下さりありがとうございます。
follow us in feedly
面白かったらフォローしてもらえると励みになります。



Posted by Econ