家計管理 2019年7月

家計管理

どうも、Econです。

 

私の住んでいる首都圏は7月の終わりに梅雨明けし、それ以降暑い日が続いています。

ランニングの時間を夕方~夜にずらしていますが、それでも走り終わった後は汗だくで、ペースも涼しい時期に比べると上がりません。

いくらプロとは言え、来年の東京オリンピックのマラソンでのランナーの体調が心配になってしまいます。

 

さて、7月の家計状況を見ていきます。


2019年7月の家計

 

まず、今月から目標貯蓄率を25%から20%に下げることにしました。というのも、目標を立てた時から子どもの習い事が増えたため、25%を維持するのは難しいと判断したためです。

貯蓄率を下げるのは悔しいですが、25%を目標にし続けていると目標未達成の月が多くなってしまい、精神衛生的にもあまりよくないですからね。

 

7月の貯蓄率は20.3%で、目標貯蓄率20%を上回りました。目標達成は2ヶ月連続です、いい感じです。累計目標貯蓄額との差も少しずつ埋まってきました。

 

総貯蓄率は67%でした。この月はボーナスが支給されたので、本当は80%位を目指していたのですが、子どものランドセルの代金やキャンプ費用を支払ったり、50,000円のふるさと納税を寄付したりと臨時支出が結構多かったです。

ただ、ふるさと納税のおかげでお米が50kg届くので、多分、来年一年間はお米を買わなくて良くなると思います。どっかのお役所が余計なことをしたのでかなり返戻率が悪くなっていますが、それでもやらないよりはマシかと思っています。


2019年7月のストック収入

7月単月では目標に届きませんでした。目標未達の月が多く、累計目標額との差がジリジリと拡がっています。やはり、今年の前半に投資が出来なかった影響が大きいです。

5月以降、米国株に投資したものが、年後半は織り込むことができるので、8月以降は配当の伸びが期待できます。

しかし、当初立てた累計目標に届くかはちょっと微妙です。貯蓄率の下方修正は不可抗力なので仕方ありませんが、配当の伸びは投資できなかった自分の責任のため、こちらは下方修正することなく、差をしっかり認識して反省しなければ行けないと思っています。

 


人気ブログランキング
最後まで読んで下さりありがとうございます。
面白かったらシェアしてもらえると励みになります。



Posted by Econ