[朗報]イデコ(iDeCo) 企業型年金と併用可能か

どうも、Econです。

 

日経に興味深い記事が載っていました。個人型確定拠出年金(イデコ, iDeCo)の加入条件を緩めるというものです。

 

2017年の制度拡充で、サラリーマンを含めたほぼ全ての人が加入できるようになり、しかも拠出した金額が所得控除の対象になるためイデコは一気に注目されました。

しかし実際は、企業型年金を導入している企業に勤めているサラリーマンはイデコに加入することができず、制度の改正が求められていました。そして、私の勤める企業も企業型年金を導入しているため、私もイデコに加入することができません。

 

イデコについては、苦い思い出があります。

 

イデコが拡充されると知った時、私は早速SBI証券に申請書類を依頼しました。

これで拠出額分、節税できるぞ、と意気揚々と書類を作成していましたが、書類を書いていると、事業主に記入・捺印してもらう部分があり、ここで一気に暗雲が立ち込めました。

後日、会社の人事部に問い合わせると、

  • 私の勤める会社は企業型年金に加入しており、しかも拠出限度額まで企業型年金で使っているため、従業員はイデコに加入することができない。
  • 当面の所、制度を改正したり拠出額を変更することはない。

という非情な回答を受けて、せっかく書いたイデコの申請書類を泣く泣くシュレッダーにかけるという苦い思い出があります。

 

それ以来、イデコについては加入を諦めていましたが、ここに来てこういう記事を読むと希望を持たずに要られません。

そもそも、世代間扶養という公的年金制度は既に破綻しているのですから、個々人が準備できるような制度を備えることは必要だと思います。

「我々世代はこんな制度はなかった、不公平だ!」と言う人がいますが、あなた方は既存の年金制度から十分すぎるくらい恩恵を受けているのだから、そんなことを言う資格は全くない、と私は思います。既存の年金制度から搾取されている現役世代を救うためにも、ぜひイデコの拡充を望みます。

 

また、同じことがふるさと納税にも言えます。ふるさと納税は年金受給者である老人にはメリットの薄い制度であり、世代間不公平だと言う人がいますが、現在の年金こそ世代間不公平の化身です。年金の世代間不公平を少しでも是正すべく、高齢者に不利な制度が生まれるのは私は当然だと思っています。

 

いずれにせよ、イデコの加入条件緩和については引き続き注意深く見守り、動きがあったらフルに制度を活用できるように動きたいと思います。

 


人気ブログランキング
最後まで読んで下さりありがとうございます。
面白かったらシェアしてもらえると励みになります。



投資, 税金

Posted by Econ