運用状況 2019年6月

2019年7月1日運用状況VTI

どうも、Econです。

 

早いもので2019年も半分が終わりました。

一年の半分が終わりましたが、資産の運用状況はどうでしょうか。早速見ていきたいと思います。


資産額の変化

5月は株安の影響が大きく、資産額が減りましたが、6月はその影響もほぼ消えました。

5月からはもちろん、その前の4月からも純増しました。

資産額が大きくなり、また株式の割合も増えてきたので相場の状況変化によっては100万円以上で資産額が上下することもあります。

なので資産額に一喜一憂することなく、淡々と運用を続けて行きます。私のメインKPIは資産額よりも配当の増加額です。


アセットアロケーションの変化

6月はVTIの積立投資のみで大きな投資はありませんでしたので、アセットアロケーションに大きな変化はありませんでした。ただ、現金比率が予定以上に早く減っているのはいい傾向です。

当初は今年中に現金比率を33%に落としたいと思っていましたが、6月末の時点で34%なので、もしかしたらもう少し落とせるかもしれませんので、2019年の目標アセットアロケーションを練り直すかもしれません。

 

今の日本では、生活防衛資金以上の現金を日本円で持つことは意味がないどころか、むしろリスキーだと私は思っています。既に生活防衛資金は確保できていますので、余計な現金は持たずにどんどん株式に振り向けて行きたいと思います。

 


人気ブログランキング
最後まで読んで下さりありがとうございます。
面白かったらシェアしてもらえると励みになります。



Posted by Econ