運用状況 2019年5月

2019年6月9日運用状況VTI

どうも、Econです。

 

令和最初の月、2019年5月の運用状況を確認しておきます。


資産額の変化

 

株安の影響が大きく、5月は資産額が減少しました。日本株、米国株合わせて50万円以上評価額が下がりました

気にしていないと言ったら嘘になりますが、悲観はしていません。米中貿易摩擦のますます激しさを増し、トランプ大統領がメキシコへの関税を表明したり(見送りになりましたが)、不安定な状況が続きますが、こういう場面で狼狽売りをすると投資では負け決定の烙印を押されるので、焦らず気長にやることが大切です。

今後もこういう状況はたびたび訪れるでしょうが、株を仕込むいいチャンスと捉えて行きたいと思います。


アセットアロケーションの変化

半年近くガマンしていましたからかなりフラストレーションが溜まっていましたが、5月はようやく個別株への投資が出来ました。

株安の影響があるので、何もしていなければ海外株式の割合は先月比で減っていたと思いますが、これによって少しだけ増えました。

投資した銘柄は3M(MMM)です。4月末に発表した決算内容が物足りなかったのと、米中貿易摩擦の激化で中国への依存度が大きいMMMは嫌気されて、株価はここ1年のピークから25%ほど下がっています。

しかし、安定的にキャッシュを稼げているので少し悲観され過ぎではないかと思い、購入しました。JPモルガンがMMMのターゲット株価を154ドルから143ドルに下げましたが、これは過度の悲観ではないかと思いました。ハワードマークスの『市場サイクルを極める』を思い出しましたね。

また、これまで楽天VTIに積立投資をしていましたが、本家VTIへの積立投資に切り替えました。私が利用しているSBI証券ではETFの積立投資も出来るので、これを利用することにしました。ドルの購入は積立できないので、これは月初と月中にドルの定額購入を忘れないようにしないといけませんが、それさえ忘れなければOKです。楽天VTIもいい商品なのですが、経費率やリターンでは当然本家VTIに軍配が上がります。

 

年の後半ではこれらの配当金が受け取れます。投資をすると、一歩ずつセミリタイア生活が近づいている気がして嬉しくなります。まだまだこれまで貯めていたドル資金にも余裕がありますので、タイミングを見て積極的に投資してどんどん配当を積みましていきたいと思います。

 

MMMを購入した時の記事はこちらです。MMMをポートフォリオに組み込むことで私のセクターポートフォリオがより分散化されたことを書いています。

3M (MMM)へ投資 今年初の個別株投資

楽天VTIからVTIに切り替えた時の記事はこちらです。投資信託は私にとってストレスを感じる商品であることを書いてあります。

僕は、投資信託への積立投資もやめることにした


人気ブログランキング
最後まで読んで下さりありがとうございます。
面白かったらシェアしてもらえると励みになります。



Posted by Econ