自分に合った投資スタイルを見つけよう

どうも、Econです。

 

配当金だけで生活する、誰もが憧れることです。

私も前回の記事で書きましたが、投資の目的は配当金で生活を成り立たせていくことです。

投資目的に合ったKPIを設定しよう

そのために家計管理を通して出来るだけ多く貯蓄して、投資に全力で回しています。

また、入ってきた配当金もお小遣いとして使うのではなく、全額を再投資に回しています。

 

貯蓄した分を投資に回して、配当金も全て再投資に回す…

と聞くと簡単そうに聞こえますが、やってみるとなかなかそうも行きません。

 

というのも、配当の伸びは遅々として進みません

簡単な計算で分かりますが、税引き後配当利回りを3%とした場合、年間200万円を投資しても年間の配当金は6万円しか増えません。

しかも、税引き後配当利回り3%というのは、かなり楽観的な配当利回りです。

同じ配当利回りで、年間300万円、400万円を投資に回せればそれぞれ9万、12万の配当金が見込めますが、日本人の平均所得が約430万円であることを考えると、年間300万、400万円を投資に回すことが出来る人はそう多くないと思います。

なお、住宅ローンを抱えている人は、投資なんてやっている余裕はないはずなので、さっさとローンという借金を返してください。

借金を負っていないことが、投資を始める最低限の資格です。

 

年間300万、400万円を投資しても、年間の配当金は10万円前後しか増えないことから、投資をして一年間で配当を30万円にするとか、50万円を目指すとか、夢物語もいいとこです。

 

私は、

毎年X万円(あるいはX%)ずつ配当が増えると、Y年後には年間の配当がZ万円になっていて、累計ではT万円になっている…ムフフ

と妄想を膨らますのが大好きで、配当が育っていくことに無上の喜びを感じるので、遅々として進まない配当の成長が苦ではありません。

しかし中には、まどろっこしくてやってられないという人もいます。

配当なんてまどろっこしいことはやってられん、売却益でドンと大きな利益を狙いたい、という人もいると思います。

 

これは考え方の違いなので正解、不正解はありません。

ただ、長期投資で配当の再投資を投資スタイルとするなら、次のことを頭に入れておくことをおすすめします。

それは、

配当は即効での効果はでませんが、愚直に続けていけるか、暴落時でも怯まずに、むしろチャンスと捉えていつも通り、あるいはより積極的に投資できるかが、成功のの分かれ道になる、

ということです。

 

株の儲けの90%はガマン代である。 邸永漢

私はガマン代ならいくらでも払いますよ。

 


人気ブログランキング
最後まで読んで下さりありがとうございます。
面白かったらシェアしてもらえると励みになります。



投資

Posted by Econ