仮想通貨とは 僕は何も理解していなかった

仮想通貨

どうも、Econです。

 

2017年の年末頃に最高値をつけたビットコインですが、ちょうど一年くらい前から下落が始まり、

「せっかく億り人になったのに乙」

「ビットコインに投資して調子乗ってた奴らざまあ、メシウマ\(^o^)/」

みたいなことが盛んに言われていました。

 

私も、ビットコインには手を出していなかったのですが、「なんだか怪しい商品が出てきたな。よくわからないから投資対象にはならない」くらいにしか考えておらず、それから一年、仮想通貨とそれに関連する概念や技術については全く勉強せずに来ました。

 

なので今、「仮想通貨とは何ぞや?」「ブロックチェーンって何や?」「マイニングって何?」「仮想通貨って発行主体がいないのに、どうやって信用が成り立っているの?」等と聞かれても説明することが出来ません。

 

私はこれ、非常にまずいなと最近思い始めました。仮想通貨は資本主義にパラダイムシフトを迫るものであるという人もいます。それだけインパクトのあるものを、「何だかよくわからないけど、危険そうだから手を出さない」の一言で片付けてしまうのは白痴化の始まりです。

 

仮想通貨に投資するかどうかは、まず仮想通貨がどんなものかを理解してからでなければ判断できません。理解することを放棄してはいけないと、とても反省しました。仮想通貨を投資対象にするかどうかは別にして、「仮想通貨とはこういうものだ」と自分の言葉で説明できることは必要だと思っています。

 

なので、最近は仮想通貨やこれからの経済、つまりポスト資本主義について書かれた本を読むようにしています。

これまで、投資に関する本と言えば、『賢明なる投資家』や『ウォール街のランダム・ウォーカー』『敗者のゲーム』『ピーター・リンチの株で勝つ』『株式投資の未来』etc.などのいわゆる正統的な本ばかり読んできましたので、少し、毛色は違う本ですが、結構新しい発見があって面白いです。

 

ここまで読むと、「こいつ、株式投資から仮想通貨をメインに切り替えるのか」と思う人がいるかもしれませんが、決してそんなことはありません。

仮想通貨について理解を深め、仮に仮想通貨を投資対象とすることにしても、私は株式投資を資産運用のメインに置くと懷います。ただ、理解しようともせずに「よくわからないもの」として扱うその意識は改めなければいけないな、と強く思っただけです。

 

このブログでも、仮想通貨についていい本があれば紹介していきたいと思います。知識はどんどん広げましょう!!

 


人気ブログランキング
最後まで読んで下さりありがとうございます。

Posted by Econ