家具蔵 高品質な一枚板メーカー

2019年1月13日趣味・娯楽

※この記事は2020年4月11日に更新しました。

どうも、Econです。

 

私は家具はちょっと高くてもいいものを選ぶようにしています。

いいものなら、補修して長く使うことができるからです。

この記事では、ちょっといい家具を探す中で見つけた家具蔵(カグラ)という家具メーカーを紹介します。

 


家具蔵について

家具蔵(カグラ)のロゴ

家具蔵は無垢材によるオーダー家具を制作する家具メーカーです。

創業から60年以上の歴史を持ち、東京都内と神奈川県に直営店があります。

お店の場所は青山、銀座、自由が丘、吉祥寺、横浜元町となんだかオシャレなイメージの町が多いです。

 

家具蔵は無垢材にこだわりと強みを持っており、ウォールナット、チェリー、メープルなど人気の樹種はもちろん、珍しい種類の銘木まで取り扱っています。

家具蔵ホームページ:https://www.kagura.co.jp/

 


私が家具蔵を知ったきっかけ

私が初めて家具蔵を知ったのは、社会人になりたての頃、実家に家具蔵のカタログが置いてあり、それを何気なくパラパラめくっていた時です。

私には家具の知識はありませんでしたが「あぁ、良い家具だな。将来こんな素敵な家具が似合う家に住みたいな」と憧れたのを覚えています。

その後、結婚して初めて家具蔵のお店を訪れた時、テーブルはずっと撫でていたくなるほどつるつる、すべすべ、椅子はとても座り心地がよく、体が喜んでいるような感じでした。

 

そして、家具蔵にあるような高級家具に興味を持ったのは、トマス・J・スタンリーの『なぜ、この人たちは金持ちになったのか』を読んだことです。

この本で、お金持ちは値段は高くても質の良いものを大事に長く使う人が多いと書かれていて、その価値観にすごく共感しました。

ミリオネアマインドを学ぼう!! 『なぜ、この人たちは金持ちになったのか』

そして、2017年にリビングテーブルを、2019年にダイニングテーブルとダイニングチェアを買いました。

 

家具蔵のお店の雰囲気

お店はシンプルながらも高級な雰囲気がありますので、少し敷居が高く感じて入るのに躊躇するかもしれませんが、誰でも気軽に入れます。

吉祥寺店ではトトロやアンパンマンのビデオを流しているのがお店の前の通りからもわかるので、子ども連れのファミリーでも入りやすい雰囲気です。

私も初めて吉祥寺店の前を通った時は、子どもが「あっ、トトロ!」と言ってお店に直行してしまいましが、店員さんは子どもにジュースまで出して丁寧に対応してくれました。

因みに、吉祥寺店の方のお話では、スタジオジブリも家具蔵の家具を使っているそうで、宮崎駿監督も吉祥寺店を訪れたことがあり、そういう縁もあって家具蔵ではジブリ作品を流しているそうです。

私がジブリファンということもありますが、ジブリで使われているってことはやっぱりいいものなんだろうなぁと思いますね。

 

家具蔵の店員さん

これまで対応してくれた家具蔵の店員さんは皆さん商品知識が深く、製品について積極的に説明してくれます。

また、私が商品について問い合わせをした時も丁寧かつ迅速にメールを返してくれましたし、実際にお店に行ってもぐいぐい勧誘してきたり、急いで買わせようということもありません

さらに、成約後は手書きのハガキまで送ってくれました。

 

家具蔵の品質

上述したように、これまで家具蔵ではリビングテーブル、ダイニングテーブルとダイニングチェアを買いましたが、品質は最高です。

私はリビングテーブルはオイル塗装、ダイニングテーブルはウレタン塗装ですが、両方とも職人さんが丁寧に仕上げてくれていて、今でもテーブルの表面が気持ちよくてしょっちゅう撫でていて、もう癖になってます。

ダイニングチェアはクッションがなくても全然疲れず何時間でも座っていられます

また、お手入れ方法も丁寧に教えてくれるので、高品質を長く保つことができます。

 

家具蔵の価格

これは銘木の種類、大きさ、状態、一枚板か接ぎ(はぎ)板かによって変わるので、実際に見積もってもらわないとわかりません。

ただ、家具蔵は無垢材しか扱っていないので、それなりの値段はします。

因みに、私の場合は

  • リビングテーブル:ウォールナット一枚板 1200mm×650mm  約30万円
  • ダイニングテーブル:ウォールナット一枚板 1650mm×900mm 約40万円
  • ダイニングチェア:ウォールナット アルコⅡ          約15万円(2脚)

で、近いうちに子どものチェアも2脚買うつもりなので、リビングテーブルとダイニングテーブルセットで100万円以上しそうです。

安くない買い物ですが、価格に見合った価値だと満足しています。

アルコⅡ

ただ、今の一枚板はこれ以上に価格が値上がりしていると思います。

というのも、最近は一枚板人気がますます高まっていて、一枚板の確保が年々難しくなっていて、無垢材の2枚接ぎや4枚接ぎが増えています。

さらに、数年前まではウォールナットとチェリーが2大人気でしたが、最近は圧倒的にウォールナットの人気が高く、世界中でも取り合い状態だそうです。

原木の育成には数十年以上の長い時間がかかるため、急増する需要にはすぐに対応できません

需要と供給のアンバランスで特にウォールナットの一枚板は値段が上がっているようです。

 

家具蔵のテーブルにして変わったこと

家具蔵のテーブルに変えて、テーブルが生活の中心に来るようになった気がします。

食事の時間がより充実するようになった

せっかくいいテーブルにしたから、ということでランチョンマットもチルウィッチ(Chilewich)を新調しました。

ウォールナットとチルウィッチのランチョンマットの組み合わせでだいぶ垢抜けた雰囲気になり、そんな中で食事をしたりお酒を飲んでいると、やっぱりテンション上がりますし、食事やお酒の時間が今まで以上に豊かな時間になりました。

ダイニングテーブルでの作業が増えた

家具蔵のチェアは長時間座っていても疲れないので、パソコン作業などはダイニングテーブルでやります。

最近はテレワークで家で仕事することも多いですが、それも基本的にはダイニングテーブルでやっています。

ものを大切にする意識を持つようになった

量販店で売られている家具を子どもへと代々受け継いで長く使うというのは難しいと思いますが、一枚板はそれができます。

欧米のお金持ちは、質の良い家具を長く使っていくことを美徳としている人が多く、私もこの家具を子どもに伝えていきたいです。

 

まとめ

いい家具は生活を豊かにしてくれて、心に余裕をもたらしてくれます。

家具蔵は安くはないですが、品質と店員さんの応対にきっと満足できると思います。

 

それでは、また。


人気ブログランキング
最後まで読んで下さりありがとうございます。
follow us in feedly
面白かったらフォローしてもらえると励みになります。



Posted by Econ