米国株ポートフォリオから見えた今年の投資方針

どうも、Econです。

 

株のブログをしている人は沢山いますが、私が参考にしているブログは米国株に特化したブログが多いです。

私は、米国株と日本株の両方に投資をしていますが、だいたいの割合は米国株が80%で日本株が20%です。

 

本当はもっと日本株に投資をしたいのですが、収益性や将来性、配当利回りや企業のガバナンスを比較すると、どうしても米国株の方が魅力的です。

また、日本株は日銀というクジラがETFを食べまくってきたという、不健全な状態で、そのクジラが体調を崩すと私のようなクマノミみたいな投資家が被るダメージは計り知れません。

 

そんなわけで、日本株にはこれまであまり積極的には投資をしてきませんでしたし、今年も米国株が投資の中心になると思います。

 

私にとって米国株は株式の80%を占めるので、全体感を掴んでおくことは大切です。2018年末時点では、私は

  • Johnson & Johnson: JNJ
  • Coca-Cola: KO
  • Nike: NKE
  • Procter & Gamble: PG

を保有しています。これに加えて、ETFで

  • Vanguard Total World Stock: VT

を持っています。

 

米国株の中での投資割合は

のようになっています。こうやって見ると、いわゆるディフェンシブ銘柄に偏ってますね…。ただ、これまでのような強気相場に陰りが見えてきているので、今年は景気循環型の銘柄を検討しても良いかもと思っています。

 

個別銘柄だけでなく、セクターでも見てみます。セクターの分類はバンガードのセクター分類

で分けてみました。下のグラフです。

11セクターがあるのに、私は3セクターにしか投資をしていません。JP Morganを持ってた時は5銘柄、4セクターだったのですが、去年売ってしまったので、今はこのような状態です。

 

あまり銘柄を増やして管理ができなくなってしまうのはダメですが、ポートフォリオを見ると、少し寂しいので、やはり今年は新しい銘柄に投資してもう少し分散をさせたいと思っています。ポートフォリオに更新があった時には別の記事で書きます。

 

さて、今年も、高配当銘柄を中心に投資をして、ストック収入による経済的自由に向けて進んで行きます。皆さんも頑張りましょう!

 


人気ブログランキング
最後まで読んで下さりありがとうございます。



米国株

Posted by Econ