ジョンソン・エンド・ジョンソン (JNJ) 株を追加購入しました

2018年12月19日投資Johnson & Johnson (JNJ)

どうも、Econです。

 

先週の金曜日、JNJ株が大きく下げ、それについての記事を書きました。

ジョンソン・エンド・ジョンソン (JNJ)の株価急落の背景

 

この記事を書いた時は、まだ本質的価値に届いていないと考えていたのですが、その後株価が更に下がりました。私は下落前から約15%弱下げたところで、本質的価値を下回ったと判断して追加購入しました。

 

2018年はNISAを使い切っているので、課税枠で通常購入しました。通常枠で購入すると外国税額控除が適用されるので、NISAを使えなくても、まあいいかなと思っています。再来年の確定申告が今から楽しみです。

 

以前の記事でも書いたように、今回のロイター通信の報道がJNJに与える影響は限定的だと思います。また、JNJはご存知の通りヘルスケア企業の雄であり、事業は盤石です。また、財務状態も健全です。

以上から、短期的には影響があるかもしれませんが、長期的には影響は無視できると考えています。JNJは長期投資にふさわしい企業ですので、短期的な影響は気にしていません。

また、JNJは私が始めて個別株として買った銘柄なので、思い入れもあります。なので、今回の一時的な下げで追加購入ができたことに満足しています。

 

このように安心材料が多くあるので、みんなが逃げ出して下落している中、私は喜んで落ちるナイフを掴みに行きます

 

こういう状況で買いを入れると、

「まだ下がるかもしれないのに、よくこんな状況で買いを入れられるね」

と言われることがあります。

確かに、底で買うことができれば理想ですが、底を見極めて買いを入れることは不可能です。ただ、一つ言えることはナイフが床に落ちた時は祭りは終わっているということです。

 

だったら、底で買うことはできなくても、本質的価値を下回ったら買いを入れるほうが得策だと思います。

来年は下落相が来て今回のようなチャンスも多いと思うので、進んで落ちるナイフを拾いに行きます。

 


人気ブログランキング
最後まで読んで下さりありがとうございます。



Posted by Econ