バフェットも絶賛!! 投資家必読の書『投資で一番大切な20の教え』

書評

どうも、Econです。

 

今日は書評記事です。『投資で一番大切な20の教え』という本です。「一番大切な教えが20個もあるの?」なんて野暮な質問はやめましょう。著者も、「20の要素は全て重要であり、どれか一つでも欠けてはいけない」と言っています。

著者のハワード・マークスはオークツリー・キャピタル・マネジメントという資産運用会社の会長兼共同創業者です。

 

この本の抽象的な内容が多いため、中上級者向けで投資初心者には向かないと思いますが、間違いなく名著です。バフェットもこの本を絶賛しており、

ハワード・マークスからの「顧客向けレター」が届くと、何をおいても必ず真っ先に読むことにしている。本書は極めて稀に見る、実益がある本である。

 

とコメントを寄せています。また、その内容の質の高さから、バフェットはバークシャー・ハサウェイの株主総会でこの本を株主に配布したそうです。

 

この本に書かれている「20の教え」は、どれも難しいものではありません。しかし、これらが実際に実践できているかというと全く別問題です。

 

この本で強調されているのは、リスクをコントロールすることの大切さです。リターンを生み出す能力以上に、リスクをコントロールする能力を持っている投資家こそ、優れた投資家である、と著者は述べています。

 

また、バフェットが推薦する本だけあって、本質的価値を下回る価格で買うことが決定的に重要だと説明しています。

本質的価値と言うと難しく感じますが、本書はこれをわかりやすく言い換えてくれています。投資で大切なことは優れた投資対象を見つけることではなく、お買い得な投資対象を見つけることである、という説明は非常にわかりやすいと思います。

 

最初にも書いたとおり、この本は抽象的な内容が多いです。なので手軽にハウツーを知りたい人には向かないかもしれません。

ただ、抽象的な内容が多いからこそ、自分の投資哲学を考える時には沢山のヒントを与えてくれます。他の投資の名著と同じく、一度読んだら終わり、ではなく、何度も読み返して自分の投資哲学に落とし込めるまでになりたいと思います。

 

なお、著者のハワード・マークスは、最近『市場サイクルを極める』という新しい本を出したばかりです。

私はまだ読んでいませんが、先日、書店で軽く内容を確認したら、良さそうな本だったので、年末年始の休暇で読む予定です。読んだらそちらの記事も書いて見たいと思います。

読みたい本がいっぱいあって困ります。贅沢な悩みですね。

 


 


人気ブログランキング
最後まで読んで下さりありがとうございます。

Posted by Econ