家庭菜園からラピュタの名言を想う

生き方

どうも、Econです。

 

以前、私は食材に結構こだわることを書きました。

その時の記事はコチラです。

健康寿命を長くするためにいい食材にお金は惜しまない

 

我が家では家庭菜園もやっていて、今育てているのは

  • トマト
  • いちご
  • ブルーベリー
  • バジル
  • ローズマリー

です。

いちごは今年から育て始めましたが他の4つは去年から育てています。

トマトは夏が終わると枯れてしまいますが、ブルーベリー、バジル、ローズマリーは冬を越えて育てることができます。

冬のブルーベリーの木は全て落葉してしまいますが、春が来てまた新しい実を付けてくれている姿は頼もしいです。

 

我が家はマンションなので、あまり本格的な家庭菜園はできないため、家庭菜園をやっても食費への貢献は僅かで、育てる手間を考えるとスーパーで買ったほうがトータルコストは安いかもしれません。

でも、家庭菜園はとても楽しいです。

  • 脇芽が出てきたから摘まなきゃな
  • そろそろ追肥が必要な頃だな
  • 茎が折れないように支柱と固定しなきゃ

なんてことをしながら、花が咲いたり実がなるのを見ると嬉しくなります。

 

家庭菜園は子どもにとってもプラスです。

子ども達もたまに水やりをしてくれますが、そうすることで愛着が湧いて、植物の成長に興味を持ってくれます。

収穫は子どもの仕事ですが、楽しく収穫しています。

自分で育てて収穫した野菜や果物なので、おいしいと言いながら全部食べてくれます。

また、家庭菜園で育てた果物や野菜は農薬なんて使ってませんので安心して食べることが出来ます。

 

上にも書いたように、スーパーで買ったほうが楽だし安上がりかもしれません。

でも、食費以外でも沢山のメリットがありますし、楽しいので、私はこれからも家庭菜園を続けていきます。

次はどんな新しい野菜や果物に挑戦してみようかな、なんて考えるのも楽しいです。

 

ゆくゆくは貸農園を借りて枝豆とかゴーヤーなんかも育ててみたいと思っています。

その規模で家庭菜園ができれば、食費も結構減るかもしれません。

 

山に登っている時も思いましたが、人間は自然に生かされています。

土に根をおろし、風と共に生きよう。種と共に冬を越え、鳥と共に春を歌おう。どんなに恐ろしい武器を持っても、たくさんの可哀想なロボットを操っても、土から離れては生きられないのよ

天空の城ラピュタより

自然の恵みに感謝して生きる、そんな人生、いいと思いますね。

 


人気ブログランキング
最後まで読んで下さりありがとうございます。
面白かったらシェアしてもらえると励みになります。

Posted by Econ