私のアセットアロケーション

アセットアロケーション、聞き慣れない単語かもしれませんが、投資では重要な考えです。

 

例えば、資産を全て現金(預貯金)で持っている人もいれば、現金・株式・不動産に分散して持っている人、色々いると思います。

このように、アセットアロケーションとは,どの資産をどれくらいの割合で持つか、ということです。

 

そして、どのようなアセットアロケーションを組むかということは投資のパフォーマンスに大きな影響を与え、「投資のパフォーマンスの80%はどのようなポートフォリオを組むかによって決まる」と言う専門家もいます。

 

前置きが長くなりましたが、2018年3月末の私のポートフォリオは以下のようになっています。

 

 

理想はライフステージや資産状況等によって変わりますので、あくまでも現時点の理想です。

課題は一目で分かるように現金比率が高いことです。元来チキンなので、キャッシュポジションが高いのですが、これは高すぎだと思っています。

日銀の政策や日本の財政状況を考えると、今後インフレ方向に振れる可能性は高いと思います。そうなった場合、預貯金は無力ですからね。

なので、現預金比率を減らして株式にシフトしていくことが課題で、2018年は最低でもキャッシュポジションを30%台に持っていきます。もう、これは必達目標です。

 

アセットアロケーションはその人の年齢、家族構成、収入、家計状況、リスク許容度などなど、いくつもの要素に依存しますので、正解はありません。投資で成功している人のアセットアロケーションは参考にはなりますが、それが自分にも合っているとは限りませんので、自分に合ったアセットアロケーションを自分で見つけましょう。

 

Posted by Econ