みずほ銀行 システム問題後はサービス改悪で切替検討

どうも、Econです。

 

システム統合問題で利用者に多大な迷惑をかけてきたみずほ銀行、更にここに来て懲りずにサービスの改悪を通知してきました。

今後のみずほ銀行のサービスがどうなるか、それに対してどのように対応していくべきかについて書いてみます。

 


2020年3月1日以降のサービス

2020年1月31日の取引条件から、みずほマイレージクラブの特典が下の表のように改悪されます。

特典現在2020年3月1日以降

(Aステージ)

2020年3月1日以降

(Sステージ)

コンビニATM月5回まで無料イーネット限定

月2回まで無料

イーネット限定

月3回まで無料

他行宛振込手数料月4回まで無料特典なし月3回まで無

Sステージをキープするのは結構高いハードルですので、多くの人はAステージになると思います。

私も、今の取引条件だとAステージになりますが、これを改悪と言わずして何と言う…という状況です。

特に振込手数料については特典が全くなくなるという有様です。

振込手数料の特典がなくなると、三菱マテリアルでの純金積立での手数料ゼロが実現不可になってしまうので、由々しき事態です。

 

純金積立で手数料をゼロにする方法はこちらです。

資産の守り神、金投資の3つのメリット

 


今回の改悪通知を受けてどうするか

今回の改悪通知を受けて、2つの措置があります。

  1. Sステージを維持してイーネットATM無料3回/振込手数料3回を維持する
  2. みずほ銀行から他の銀行に切り替える

まず1ですが、Sステージであれば振込手数料が3回まで無料、これまでより1回減るだけですみますが、Sステージは資産運用商品残高を100万円以上キープという結構高いハードルがあります。

私の場合、手元の外貨預金をみずほ銀行の外貨預金口座に預ければSステージは維持できますが、みずほ銀行をそこまで使い続ける必要があるかはかなり疑問です。

むしろ、顧客軽視が甚だしいみずほ銀行のためにそこまでするのも癪と言ったほうがいいかもしれません。

その場合は、みずほ銀行から今使っているネット銀行に資金を集中して、そっちで優待条件を拡充することになると思います。

 

まとめ

取引条件の判定日の1月31日、サービス改悪開始の3月1日まではまだ時間があるので、他の銀行のサービスと比較しつつ、Sステージを維持するか、他の銀行に切り替えるかを決めたいと思います。

 

これだけ改悪しておきながら、「ご理解賜りますようお願い申し上げます」とか「引き続きお引き立て賜りたくお願い申し上げます」なんてよく言えたもんだと思います。

システム問題でATMが使えなくなる日があっても、ATM手数料無料や振込手数料無料といったサービスは魅力的だったので我慢してみずほ銀行メインバンクとして使ってきましたが、もはやメインバンクを切り替える時が来たかもしれません


人気ブログランキング
最後まで読んで下さりありがとうございます。
follow us in feedly
面白かったらフォローしてもらえると励みになります。