世界最小!キャッシュレス社会の申し子、the RIDGEはミニマル財布の最終形

どうも、Econです。

 

外出時に物を極力減らしたい、というのは永遠の課題だと思います。

特に財布はスマホとともに、外出時には必ず持ち出すので、これをスリム化出来たら効果が大きいですよね。

 

この記事では、the RIDGEという世界最小のお財布を紹介します。

使ってからしばらく経ちますが、とても快適だし、これ以上小さくするのは無理だと思う、というのが感想です。

「財布買い替えたいけど、次はミニマル財布かな~」

という人の参考になれば幸いです。

 


私がミニマル財布を買うに至った経緯

私はWhitehouse Coxの二つ折り財布を学生時代から約15年、またBurberryのカード入れを10年以上使っており、外出時はこの2つはずっとセットでした。

私は、次に財布を買い換える時は長財布にしようかなと思っていた時期がありました。

 

覚えている人も多いと思いますが、数年前に長財布がもてはやされた時期がありました(今もそうなんでしょうか)。

長財布はお札が折り曲がらないので、お札にとって居心地が良いためにお金が貯まりやすい、という風水的な理由や、お金持ちはお金を大切にする人が多く、お札が折り曲がらない長財布を好む、といった理由で長財布が勧められていました。

中には、ピン札しか財布に入れないとか、お香を財布の中にしたためておく、というお金持ちの習慣を紹介する本や雑誌もあり、それはそれで面白かったのですが、全てピン札が出てくるまでATM操作したり、毎回両替機使うのは手間だなーとか、思っていたりしました。

 

そうこうしているうちに、キャッシュレス化が進み、現金を使う機会が減ってきました。

今や支払いの殆どはクレジットカードですし、EdyやSuicaなどの電子マネーも頻繁に使います。

PayPayや楽天ペイといったアプリももちろん使います。

現金払いはガソリンスタンドくらいなもので、現金決済は一ヶ月あたり2, 3回で、最近では現金決済で小銭をもらうのが億劫になっている自分がいます。

そんなこんなで、「もう良い財布はいらないかもなー」と思うようになっていました。

 


the RIDGEを選んだ理由

荷物を極力減らしたい、そう思って財布を探していた時にthe RIDGEを知りました。

他にもミニマル財布は沢山ありますが、私が惹かれたのは

  1. 世界最小
  2. マネークリップ

という2点です。

まず、the RIDGEの大きさですが、クレジットカードと同じ大きさです。

the RIDGEとコストコカードの比較。厚みのためにthe RIDGEの方が大きく見えますが、同じ大きさです

持ち歩くカードをゼロにするのは現実的でないため、クレジットカードと同じ大きさであるthe RIDGEは世界最小の財布と言えます。

下の写真はこれまで私が持っていた財布&カードケースとthe RIDGEを並べたものですが、圧倒的に小さくなりました。

また、ちょっと見えにくくて申し訳ないのですが、下の写真の左が財布とカードケースを合わせたもので、右が必要なカードを挟んだthe RIDGEです。

これまでもそんなに大きい財布ではなかったのですが、これまで以上に小さくなり、薄くなりました。

ポケットに入れても全く気になりません

 

the RIDGEの裏面はマネークリップになっています。

三つ折りにするとちょうどthe RIDGEの幅と一致します。

マネークリップを使うまでは「お札が抜け落ちちゃうんじゃないか」と不安でしたが、実際に使ってみるとその心配はないことが分かりました。

まず、クリップがガッチリとお札を掴んでホールドしてくれています。

さらに、お札と接する面が少しザラザラしているので、より落ちにくくしてくれています。

実際、私が使っている中で、お札がずれ落ちることはもちろんありませんでしたし、ズレてしまうこともありません。

 

「世界最小という小ささながら、必要な機能は満たしている」、これがthe RIDGEの魅力だと思います。

 

the RIDGEのラインナップ

the RIDGEには

  1. アルミ
  2. チタニウム
  3. カーボンファイバー

の3つの材質があります。

カーボンファイバーが一番高いのですが、チタニウムとあまり変わりませんが、チタニウムとアルミは約1万円の価格差があります。

なので、素材や見た目にはこだわらないので、できるだけ価格を抑えてthe RIDGEが欲しいというのであれば、アルミ製がいいかもしれません。

因みに私は多少高くても、自分の気持に一番しっくり来るチタニウムを選びました。

財布といえば毎日触れるものなので、最初にケチって後悔する、なんてことはないほうが良いですね。

 

また、それぞれの材質でマネークリップかマネーバンドを選ぶことができ、マネークリップの方が少し高めの価格設定になっています。

好みもあるかもしれませんが、マネークリップの方が高級感があるので、私はマネークリップにしました。

毎日使うものなので、こちらも数千円のために妥協をするのはやめました。

 

the RIDGEを使った感想

一番強く感じたのは、

「あ、もう自分の財布選びは終わったかもしれない」

ということです。

CartierやGUCCIなんかの、ブランド財布への憧れはありますが、この身軽さを知ってしまうと、もう戻れない気がします。

 

場面によって使い分けが必要なので、財布を使わなければいけない場合もあるかもしれませんが、おそらく殆どのケースはthe RIDGEでいけそうです。

これだけ身軽になると、出かけるのも楽しみになります。

 


人気ブログランキング
最後まで読んで下さりありがとうございます。
follow us in feedly
面白かったらフォローしてもらえると励みになります。