2020年7月 資産運用状況公開

運用状況P&G (PG),VGT,VTI,ポートフォリオ,家計簿,貯蓄,配当

どうも、Econです。

8月になりました。
この記事を書いてる今、外ではミンミンゼミが鳴いていて、青空も見えてます。
長かった梅雨もようやく明けるかもと思うと嬉しくなります。
今年は子どもがまだ通学していて、あまり夏休みという感じがしませんが、やっぱ8月はワクワクします。
7月の資産がどうなってるかチェックするのもワクワクです。


家計状況

今月は茅乃舎で鶏だし、富澤商店でパン用の小麦粉をまとめ買いしたのもあり、食費が予算を28%オーバーしてしまいました。
食費は予算配分が大きいので、ここで30%近くオーバーすると全体にきいてしまいますが、支出全体で見れば目標貯蓄率は達成できました

最近は茅乃舎の鶏だしで作るペペロンチーノが美味しくてハマっています。


資産額の変化

  • 米国株が好調だった
  • ボーナスが支給された

おかげで資産額は先月から大きく伸び、過去最高を更新しました。
日本株がボロボロでしたが、米国株がそれを補って余りある上昇をしてくれました。

日本株では、先日キヤノンが減配を発表して株価が暴落しましたが、私もキヤノンを持ってて直撃です。
他の保有銘柄、ブリヂストンやクラレも全然冴えません。

はっきり言って日本株はもう終わってます
成長を続ける一握りの企業は日本にもあるかもしれませんが、日本株のインデックスを買うなんて無理ゲーです。
私はもう日本株には一切投資をしませんし、さっさと撤退したくて仕方ありません。

アセット・アロケーション

7月のアセット・アロケーションは前月から大きくは変わりませんでした。
ボーナスと特別給付金が入ったので現金比率が上がるかなと思ってましたが、むしろ微減だったのは意外でした。

7月はUL, VZ, TLTに少しばかり追加投資をしました。
この3銘柄は合計が10%に届かないくらいなので、ポートフォリオのバランスを整える目的での追加投資です。

ULは私が買った後の四半期決算が予想を上回っていて株価が急騰したので、安い時期に仕込めてよかったです。
また、VZは配当権利落ち日ギリギリで購入できたので、8月から配当入金がアップ、今からワクワクです。

米国株パフォーマンス

7月のポートフォリオパフォーマンスは+8.0%で、S&P500の+7.1%をアウトパフォームしました。

PGが大きく伸びたのがプラスに働きました。
SPXSはベア3倍なので%でみるとすごいことになってますが、リスクヘッジ目的ですし、ポートフォリオに占める割合も1%にも満たないのでほとんど影響がありません、OKです。

配当の状況

7月単月の配当は去年の同じ月に比べて+40%で、累計で見ても、去年の+16%を維持できてます。
7月末の累計を日本株、米国株で見ると、日本株は-28%米国株は+68.3%です。

日本株の配当減少は売却によるものではなく、減配、無配によるものです。
もう一度いいますが、日本株は終わってます
PER 5倍以下だろうが、PBR 1倍以下だろうが、もう日本株は買いません。

コロナの第二波が来ていて8月の相場は調整が入るんじゃないかと思っていて、ドルはかなり積み上がっているので、大きな調整が入ればVTIやVGTを買い増したいと思ってます。

それでは、また。


人気ブログランキング
最後まで読んで下さりありがとうございます。
follow us in feedly
面白かったらフォローしてもらえると励みになります。



Posted by Econ