コピペでOK!Pythonで株価を取得する方法

プログラミングPython

どうも、Econです。

投資家にとって、保有している銘柄や投資を検討している銘柄の株価の過去データがほしいという場面はよくあります。
私も以前はYahoo Finance (英語版)を開いてコピペしてましたが、面倒な作業ですし、データが欲しい期間が数年とか十年以上ともなると、かなり手間がかかります。

しかし、Pythonなら自分の欲しい銘柄の指定した期間の株価を自動で取得してくれ、株価取得にかかる時間と労力は圧倒的に削減できます。
この記事では、Pythonで株価を取得するコードを紹介します。

基本的にコピペでOKなので、Pythonプログラミングに詳しくない人でも使えると思います。
なお、私の投資の中心が米国株なので、内容は米国株向けです。
日本株でも稼働するかもしれませんが、テストしていません、ご了承下さい。

Pythonで株価を取得するコード

早速コードを載せます。

上のコードをコピペしてPythonを起動してもらえばOKです。
my_dateの日付がデータをいつから取得するかで、自分がほしい期間をここに指定して下さい。
my_portfolioが取得しようとしているTickerで、この例ではAMZN, MSFT, AAPL, KO, JNJ, PGの6銘柄にしていますが、自分の必要なTickerを格納してもらえればデータを取得します。

コードの解説

簡単にコードの解説をします。
>>import pandas as pd
>>import pandas_datareader.data as web
まず、最初にPandasをインポートします。
Pythonに詳しい方なら説明不要だと思いますが、Pandasはデータ分析に必要な機能を持ったライブラリです。

data_sourceはYahoo Finance (英語版)です。
Yahoo FinanceからPythonで株価データが取得不可となった時期があったようですが、2020年5月4日現在は問題なく取れました。

for以下で、my_portfolioに格納されているTickerの株価データをcsvに格納し、Ticker名をつけて保存します。
また、サーバーへの負担を避けるため、次のTickerに移る前に1秒の待機時間を設けています。

Pythonは投資と相性がいい

今回は株価(データ)の取得でしたが、Pythonはデータの分析やグラフの描画など、投資に必要な作業を幅広くカバーしていて、Pythonができれば投資のフィールドはかなり広がると感じています。
私もまだまだ初心者ですが、どんどん学んで使って行きたいと思います。
なにより、プログラミングは楽しい!

おや、コードがエラーを出している、デバッグが必要かな。
それでは、また。

人気ブログランキング
最後まで読んで下さりありがとうございます。
follow us in feedly
面白かったらフォローしてもらえると励みになります。

Posted by Econ