コロナでやってよかったと思う4つのこと

2020年5月10日生き方

どうも、Econです。

GWも終わりですが、残念ながらまだコロナは終息しそうにありません。
コロナで色々と日常生活でも不自由を感じますが、そんな中、やっていてよかったなと思うことを挙げてみます。

ランニング

コロナでランニングを始めた人も多いと思いますが、私が一番恩恵を感じているのはランニングです。
もう20年くらいランニングが趣味なので今さらですが、ランニングのメリットは大きいです。

ナイキエアズームペガサス36。ライトグリーンがきれい。
愛用のナイキ エアズームペガサス36

外出自粛でストレスが溜まりがちですが、ランニングはストレス解消に最高です。
最近は走っている時が一番楽しくて、DNAレベルでランニングを欲している感じで、「あぁ、やっぱり人間も動物なんだな」と思います。

 

また、外出自粛や在宅勤務で日光を浴びる機会が減って生活リズムが不規則になりがちで、私も一時期、夜中に目が覚めてしまう日が続きましたが、ランニングによる適度な疲労でぐっすり眠れます

 

ランニングをしているのでコロナ太りとも無縁です。
時間ができたので料理の時間が増え、作った料理にお酒を合わすなんてこともやるので摂取カロリーは増えていますが、体重はキープできています。

コロナに関係なく、ランニングはこれからもずっと私の趣味ですね。

料理

上でもちょっと触れましたが、家にいる時間が増えて料理をする機会が増えました。
もともと料理は好きですが、ちょっといい食材を買ってきて、手の込んだ料理を作ることにちょっとハマりつつあります。

パスタマシンとフィットチーネ
パスタマシンとフィットチーネの生地
ペスカトーレとワインが食卓に並んでる
フィットチーネで作ったペスカトーレ

上の写真は生地からパスタ(フィットチーネ)を作り、それでペスカトーレを作った時のものです。
どんなソースと具材で仕上げようか、どんなワインを合わせたらおいしいかを考えるのは楽しいですし、家族からおいしいと言ってもらえれば嬉しいですしね。

それにしても、生パスタは食感がもちもちで最高です。

家庭菜園

スーパーに行くと品薄になっている食材が結構たくさんあります。
特に小麦粉やバターはだいたい売り切れています。
こういう状況を見ると、僅かでも自分で食材を栽培するって大事だなと感じています。

いちごとブルーベリーが陽の光に当たっている
家で育てているブルーベリーといちご

私は今、野菜や果物、ハーブを育てていて、それを料理に使っています。
私が育てているものが今後品薄になったり値上がりするなんてことは考えにくいですが、自分で育てたものを料理に使うというのは安心できていいです。

分散投資

最後はこのブログのテーマでもあるお金についてです。

 

コロナの感染が拡大する前は
投資は成長株に集中投資するに限る
分散投資は成長を犠牲にしている、ディフェンシブ株に投資するなんて負け組
という主張をチラホラ見ましたが、今そんなこと言う人はいないでしょう。

 

集中投資で突っ込んでいた株が半分以下になったなんて、想像しただけで恐ろしいですし、もし本当にそういう状況になったら不安で夜も眠れなくなったり、狼狽売りして損失確定していたと思います。

 

でも、私は米国株、外国債券、国内株式、金(ゴールド)に分散投資していたので、米国株、国内株式が暴落していた3月でも、狼狽売りすることなく、穏やかに過ごしてました。

株が下がっても金が上がるので、株の値下がりの一部を金の値上がりで相殺できるという安心感から、投資方針をぶらささずにコンスタントに投資を続けてきましたし、今も続けています。

 

マクロではグローバル化がストップし、ミクロでは在宅勤務が一般化したり、コロナ前とは違った考えや価値観を持つ人が増えると思いますし、世界もそのように変わると思います。
そんな中でも、自分の軸をしっかり持って、楽しいことを見つけていきます。

 

さて、そろそろランニングに行こうかな。
それでは、また。


人気ブログランキング
最後まで読んで下さりありがとうございます。
follow us in feedly
面白かったらフォローしてもらえると励みになります。

Posted by Econ