Fitbitでランニングパフォーマンスアップ!12月にハーフマラソンに出ます

どうも、Econです。

 

これまで何度か書いてきましたが、私はランニングが趣味です。今年の4月からはFitbitを使ってより正確なログも取るようになりました。

10月のランニングは9回、合計67.3kmでした。

 

Fitbitをするようになってから、体重も順調に減りつつありBMI指数は20を切りました。ランニングの回数も距離も増え、体重が落ちてきて走ることに慣れてきたのか、より長い距離を前よりも速いペースで走れるようになりました。

調子が良いので、思い切って12月のハーフマラソンにエントリーしてしまいました。これまでフルマラソンは走ったことはありますが、実はハーフマラソンは初めてです。私が申し込んだレースはあまり大きな大会ではありませんが、久しぶりの大会なので今から楽しみです。今回はあまり無理せず、まずはサブ2 (2時間切り)が目標です。

 

大会のレベルによりますが、男性がハーフマラソンでサブ2するとだいたい上位30%以内に入ると言われています。サブ2の一つ上の目標がサブ100 (100分切り)ですが、サブ100であればだいたい上位10%に入ると言われています。

速さにすると、サブ2が5分41秒/km、サブ100が4分44秒/kmです。

たぶん、この数字を見ただけでサブ100がいかに早いかわかると思います。サブ2ならいけるかも?なんて思ってしまうかもしれませんが、5分40秒/kmで21kmを走るというのは結構しんどいです。2, 3kmであれば余裕かもしれませんが、7, 8kmを超えると徐々に疲れを感じてきて、15kmを超えると一気にガクッと来ることもあります。

なので私はハーフマラソンを意識して、1回のランニングで最低でも7km, 可能なら10kmを走るようにしています。まだ実施できていませんが、ハーフマラソンまでに一度は15kmくらい走り込んだ方がいいと思っているので、それも練習に入れる予定です。

 

因みに、下の記録が今の私の最新の記録です。この日は9kmの距離を1km 5分以下で走りましたが、いつもはだいたい5分から5分20秒/kmで走っています。

数字だけで見るとサブ2達成は射程圏内ですが、レースとなるとどうしても他のランナーと張り合う気持ちが出て前半飛ばしてしまいがちです。ペース配分を誤って後半ガス欠…とならないように、自分が気持ちよく走り続けられるペースをしっかりと体に覚えさせたいと思います。

 


人気ブログランキング
最後まで読んで下さりありがとうございます。
follow us in feedly
面白かったらフォローしてもらえると励みになります。