ロレンツォNo.5 エキストラヴァージンオリーブオイルが食卓を変える

どうも、Econです。

 

我が家は健康のためにオリーブオイルを使うことにしていますが、今日は我が家で使っているオススメのオリーブオイルを紹介したいと思います。

バルベーラ ロレンツォNo.5 エキストラヴァージンオリーブオイル です。

オリーブオイルの瓶

長いですね。

500mlで3,000円以上するので、スーパーで売っているオリーブオイルに比べるとだいぶ高いですが、これだけでいろいろな料理や食材が高級な味わいに変身します。

 

 

バルベーラ社は1894年創業の、イタリアのオリーブオイル専門メーカーです。

ロレンツォにはNo.5 ,3, 1の3種類がありますが、この記事で紹介するのはNo.5です。

オリーブは全て手摘みで丁寧に収穫され、その上で収穫から12時間以内の新鮮なオリーブを圧搾してオリーブオイルが作られています。

なぜ奇数だけで偶数がないのかは不明ですが、ロレンツォは数が小さいほどフレッシュかつストロングで、大きいとマイルドでクリーミィな味わいです。

 

ロレンツォはオリーブの風味が強く、それが食材や料理の味を引き立てるので、炒める時に使う加熱用ではなく料理や食材にかけて非加熱で楽しむものです。

いや、もしかしたら炒める時に使っている人もいるのかもしれませんが、私にはそのような贅沢な使い方は許されません。

なんせ、コロナショックでロレンツォのオリーブオイルが1,000本以上買えるお金が溶けたわけですから、そんな贅沢は許されるわけがありません。

何百万円って書くより、こういう表現の方が事の重大さがズシンとのしかかりますね。

4人暮らし家庭なら、約4年間の食費、ディズニーランドには100回は行ける…これ以上考えると叫びたくなるのでやめておきます。

 

 

ロレンツォNo.5はトマトのようなフレッシュさがありながらクリーミィな味わいで、チーズやアイスなんかのクリーム系と相性がいいです。

とりあえず、私はロレンツォNo.5をかけたチーズをつまみにコノスル(カベルネ)をちびちびやっていれば幸せです。

また、アイスにオリーブオイル!?と思う人もいるかもしれませんが、アイスにかけると風味とこってり感が増して美味しくなります。

特におすすめなのはバニラで、ハーゲンダッツのバニラにロレンツォNo.5をかけると、高級レストランで出てくるような味わいになります。

 

それ以外にも、パスタやサラダにかけても料理がおいしくなります。

また、パンにつけて食べるのもおいしいです。

週末の朝、焼き立てのパンにロレンツォをかけて、挽きたてのコーヒーで朝ごはん、なんて聞いたらどこぞのマダムだっていうくらい優雅な響きです。

まあ、やっているのは30半ばのオッサンやけどね。

 

とまあ、こんな感じで、ちょっと高いオリーブオイルですが、一回買えば数ヶ月はもちますし、日常の中でプチ贅沢を感じられるのでロレンツォNo.5はオススメです。

 

今回はNo.5の記事でしたが、No.3も使っていてこっちはよりフレッシュな感じで、肉料理との相性がいいです。

No.3はまた別記事で紹介したいと思います。

さて、今日は久しぶりに白ワインにするかな。

それでは、また。


人気ブログランキング
最後まで読んで下さりありがとうございます。
follow us in feedly
面白かったらフォローしてもらえると励みになります。