【資産公開】2021年10月 準富裕層が目前に

資産公開

どうも,Econです.

10月になってだいぶ寒くなったけど,懐は常に暖かいといいなと思っています.今月の懐具合はどうか,資産状況をチェックしていきます.

スポンサーリンク

総資産とアセットアロケーション

10月の純資産は9月に比べて5.3%と大幅に増えて過去最高を更新しました.9月に資産を減らしたものの,円安効果と米国株が好調で大きく増えました.

アセットアロケーションは米国株が60%を超える一方でキャッシュが20%を切るというアグレッシブさです.キャッシュは年末に入るボーナスで少し上積みされる予定なので,十分流動性は確保できています.実際,一年前に比べてキャッシュは13%も増えています.

米国の長期金利に上昇圧力にもかかわらず,金・プラチナが値上がりしていて,ポートフォリオの中での存在感もじわじわ上がってきています.金やプラチナには金利がつかないので,金利上昇局面ではこれらの資産は値下がりする傾向にあるものの,そうなっていないというのは,人々がインフレを意識している表れなんだろうか,と思っています.

最近はインフレ(日本の場合はスタグフレーションか)を意識した投資設計というか人生設計が必要になってきています.私はインフレでも価格を転嫁できるような,生活必需品を扱っていたり,強いブランド力を持った米国株をメインに現金をどんどんシフトさせます.また金・プラチナにも継続的に投資をして,インフレと戦っていきます.

スポンサーリンク

米国株ポートフォリオ

今月は新しい仲間が私の米国株ポートフォリオに加わりました.ビザ(V)君です.

ビザは前々から欲しいと思っていたものの,株価が高くて手が出ませんでした.それが月末の決算発表で嫌気されて約10%も下落したので,バーゲンセールで拾えました.60%を超える営業利益率と有利子負債が純利益の一年分で収まる財務安定性,こんな超優良企業,日本企業ではまずお目にかかれません.PERが約40と高いのが気になるものの,驚異的な利益率のおかげで10年以上の長期保有であれば安全域は十分確保できると判断して買いました.

また,今月は3M(MMM)とベライゾン(VZ)にも追加投資できました.3Mやベライゾンのような高配当銘柄は,外国税額控除のためにNISA枠以外で買っていたのですが,ジュニアNISA枠で買えば非課税の恩恵をフルに受けることができるので,残り2ヶ月,高配当銘柄をジュニアNISAで継続購入していきます.

スポンサーリンク

今後の見通し

実は,準富裕層の仲間入りが目前に迫っています.早ければ今年中にも晴れて準富裕層の仲間入りを果たすかもしれません.元々の計画では2023年の12月末までに準富裕層になるのが目標だったので,仮に今年達成できれば目標を2年も前倒しできることになります.

資産は加速するという言葉を聞いたことがあるかもしれませんが,最近それを実感します.資産が1,000万円に到達してから3,000万円のアッパーマスの仲間入を果たすまでに私は丸6年かかりました.それが今,2年半で3,000万円から5,000万円になろうとしています.増加額は同じ2,000万円ですが,そこに行き着く期間は半分以下です.

私は,40代で資産1億円という長期目標を立てた一方,「そんなの夢物語だよな」と心のどこかで思っていました.ただ,自分の軌跡を振り返ると,案外その目標は現実味を帯びているかもとワクワクしています.

めでたく準富裕層の仲間入を果たすことができたら,改めて記事にするつもりです.

それでは,また.

スポンサーリンク

Posted by Econ