[資産公開]2020年10月 究極の資産配分を目指す!

運用状況

どうも、Econです。

2020年10月の資産の状況をチェックします。
月に1度、資産状況を振り返って目標への進捗を確認し、急激な変化が起こってないか(おかしなことが起こってないか)をチェックしています。


資産額の変化

10月の資産額はほぼ横ばいで、資産毎の内訳を見ても大きな変化はありませんでした。
10月も貯蓄ができたけれども9月よりも下落した銘柄が多く、ほぼ行って来いの状態でした。


アセット・アロケーション(資産内訳)

10月はBNDと3M (MMM)に追加投資をして、金とプラチナも定期購入したけれど、アセット・アロケーションはほとんど動きませんでした。

最近は資産額が大きくなってきたので、一ヶ月でアセット・アロケーションの変化が見えるということはほとんどなくなりました。
いいことですが、ちょっと退屈です。

資産額の変化(長期)

2011年から資産額はずっとチェックしています。
こうやって振り返ると、数ヶ月期間で資産を減らしている時期もありますが、全体的に順調にやってこれているなと思います。

もう一つ、資産額が大きくなるにつれて一年間に増える資産額が増えていて、「資産(富)は加速する」を実感し、さらに資産を大きくすればもっと増えるスピードが早くなるのかなとワクワクします。

アセット・アロケーション(長期)

アセット・アロケーションも同じ時期からずっと記録しています。
昔は半分以上が現金だったけど、最近は25%くらいまで落とし、最終的には20%くらいまでに落ち着けたいと思っています。

また、株については残念ながら日本の時代は終わったと私は思っているので、日本株からは順次手を引いて米国株や実物資産に振り向けていて、その傾向もはっきりと確認できます。

こうやって数年スパンでアセットアロケーションの変化を見てみると自分の投資スタイルが浮き彫りになって興味深いです。


人気ブログランキング
最後まで読んで下さりありがとうございます。
面白かったらフォローしてもらえると励みになります。



Posted by Econ