【資産公開】2021年1月 変化は少ないが資産は成長

資産公開

どうも、Econです。

家計の締めに続き、資産チェックもやっていきます。
今月はあまり投資ができませんでしたが、資産はどうなっているか見ていくことにします。

資産額の変化

直近1年間の資産推移です。
これまでは年ごとに資産の棒グラフを作っていましたが、それだと年の初めは過去からの変化が見えにくいので、直近1年間のグラフを出すようにPythonのコードを書き換えました。

冒頭書いたように、1月は投資はほとんどできませんでしたが、株高のおかげで資産は伸び純資産は過去最高を更新しました。

アセット・アロケーション(資産内訳)

アセット・アロケーションも直近1年間のグラフに変えています。

投資をほとんんどしていないので変化がありませんでした。
私は為替レートに応じて、ドルを毎日5,000円から15,000円の間で買い付けるように自動設定しているのですが、そのドル預金が株高でなかなかまとまった投資ができないためにだいぶ積み上がってきたので、1月は買付額を3,000円から9,000円の間に落とし、しばらくはこの設定で買い続けるつもりです。
為替レートによって自動で買付額を変える方法はこちらで書いてますので、興味があれば参考にどうぞ。

為替レートに応じて自動でドルの買付額を変える方法

キャッシュ比率はいい具合に下がってます。
すでに20%近くまで来ているので、去年のようにドラスティックに下げることはしませんが、この調子でキャッシュは今年中に20%以下に抑えたいと思います。

ドル建てポートフォリオ

個別銘柄で見ると、6セクター、10銘柄保有しています。
これ以上銘柄を増やすと管理が大変なので、今年は

  • 個別銘柄を増やすなら、新しいセクター(Utility, Materialあたり?)の1銘柄、既存セクターの新しい個別銘柄は買わない。
  • セクターETFは既存セクターのものも購入OK

という方針です。

10%を超えているNKE, PG, JNJをそれぞれ10%くらいまで落として他の銘柄に分散できたらだいぶバランスがよくなるかなと思っています。

 


人気ブログランキング
最後まで読んで下さりありがとうございます。
面白かったらフォローしてもらえると励みになります。



Posted by Econ