[2020年1月ランニング記録]ランニングにはメリットしかない!

2020年2月5日ランニング

どうも、Econです。

 

このブログのテーマは投資や家計管理ですが、たまに趣味のランニングについても記事を書いています。

 

ランニングを趣味にしてかれこれ20年、「趣味は何ですか?」と聞かれれば間違いなくランニングと答えます。

まあ、僕みたいな男に趣味を聞いてくれる女性に会うことなんてオリンピックくらいの頻度ですが。

 

1月のランニングは12回、合計走行距離は85kmでした。

今年は1000km走りたいと思っていて、1か月の必要走行距離の83.4kmをぎりぎりですが上回りました

1回あたりのランニング距離は7.1kmで、これはちょっと少ないかと思っているので、2月からは週末に10kmくらい走って距離を稼ぎたいと思います。

 

ランニングが趣味のおかげで毎日楽しく過ごせていますので、この記事でランニングのメリットについてちょっと書き出してみます。

 


メリット1 やせる

社会人になってから10kg以上太ったなんて話はよく聞きますし、たまに学生時代の友人に会うと

「えーと、誰だっけ?」

っていうくらい体型が変わった人もいます。

でも私は社会人になってからも体重はキープできていますし、BMI指数*も20を維持していて、周りからはやせ型と言われることが多いです。

小中学校の頃はぽっちゃりだったのが今はやせ型になったのは間違いなくランニングの効果です。
*BMI指数 = 体重 (kg) / 身長 (m)²


メリット2 ポジティブシンキングとストレス発散

ランニングをするとネガティブな感情は汗と一緒に外に出ていきます

定期的にランニングをしているおかげで、私はストレスを感じることはあってもため込むことがほとんどないと自分でも思っていますし、これまで健康診断で引っ掛かったことも大きな病気もしたことがありません。

あ、何度か洞性徐脈(心拍数が低い)で引っ掛かって喜んだことがあります。

これは日常的にランニングをしている人にはよく見られる症状で、そのような人には特に治療は必要ないものなので、洞性徐脈と診断されて、「ランナーの証や!」と勝手に喜んだりしています、はい、変態です。

 

例え会社で嫌なことがあっても「今夜は早く帰って走りに行こうかなー」と思うだけでワクワクしますし、走り終わると嫌なことはたいてい忘れています

心身ともに健康でいることが長期的に最も正しい戦略だと私は信じていますが、ランニングは健康維持に欠かせません。

 

メリット3 金がかからない

趣味にお金がかからないということは、お金持ちを目指すうえで結構大事です。

節約のために楽しくない趣味を選ぶのは本末転倒ですが、趣味に毎月数万円も消えていたら経済的自由を目指す足枷になります。

その点、ランニングはほとんどお金がかかりません

ウェアは機能やファッション性の高いものなどにこだわらなければ数千円で十分ですし、シューズだって1万円あれば機能的に充分なものが買えます。

で、一度買えば数年は余裕で使えるはずです。

ちなみに私は高校生の頃から着ているランニングウェアをいまだに使っていますし、シューズも累計走行距離はおそらく3,000kmを超えていると思います。

ウェアもシューズも完全に減価償却済みで一回のランニングにかかる費用はほぼゼロ円です。

シューズはそろそろ新しいのを買って履き回したいと思っていますが、ウェアは次買ったやつを死ぬまで着続けるんじゃないかとすら思っています

金もかからず、楽しく、しかも健康維持に役に立つ、最高です。

 

私は週に3回くらい走りますが、仮に月数万円もかかるような趣味を持っていたら、たぶん週に3回なんて家族から許しが出なかったと思います。

 

メリット4 頭の回転がよくなる

運動が脳のパフォーマンスを上げることは科学的にも実証されているそうです。

興味があればこの本を読んでみてください。

結構盛沢山ですが、運動をするモチベーションが湧いてきます。


私も、ランニングをしている最中にブログのネタを思いついたりいいフレーズを思いついたりすることが多いです。

「こいつの今日の記事、珍しくオモロイな」と思っていただけたら、その記事はランニング後に書いた記事だと思って間違いありません。

ん?どこからか自己満だという声が聞こえるが気のせいだろうか。

 

まとめ

ここではメリットとして4つ挙げましたが、他にもレースに積極的に出ているひとなんかは人脈が広がるとかのメリットもあるかもしれません。
まあ、言いたいことはランニングはメリットが多く、走らないなんてもったいない!ということです。
この記事が読んでくれた人のランニングライフのきっかけになれば、嬉しいです。

…こんなことを書いていたら走りたくなってきた、ちょっとひとっ走り行くか。

それでは、また。


人気ブログランキング
最後まで読んで下さりありがとうございます。
follow us in feedly
面白かったらフォローしてもらえると励みになります。



Posted by Econ