家計管理 2019年10月

どうも、Econです。

 

お馴染みの、月に一度の家計振り返りです。


2019年10月の家計

9月の月次貯蓄率は14.2%でした。目標である20%を下回ってしまいました。

原因は、食費、日用品、娯楽費が多かったためです。

食費は、10月はだいたい隔月で行っているコストコに行ったために多くなりました。ただ、それを除いても10%ほど予算オーバーしてしまったため要反省です。平日の晩酌は控えて炭酸水で我慢できるようにします。

日用品は小学校の学用品、シャンプーの買い置きで余分にかかりましたが、それを除けば予算内に収まりました。

娯楽費はハーフマラソンへのエントリーと幼稚園の遠足があったために多めでしたが、その他では予算内に収まりました。11月は涼しくて公園に出かけることも多いですが、その時は家でランチを作って外食をしないようにします。

また、給与以外の収入や臨時的な支出を含めた、最終的な貯蓄率は16.6%でした。10月になった途端に掃除機が壊れたためにダイソンへ買い替えたことで約60,000円の臨時支出が出たことは痛手でした。しかし、ダイソンの威力は凄まじく、面白いほどゴミ、ホコリが取れます。今までの掃除機は何だったんだろうかと言うくらいに。

前の掃除機も10年以上使い、もう寿命だったため、今回の購入は必要な出費でした。11月は臨時支出を極力抑えたいと思います。

ダイソンの掃除機のレビューについての記事です。私はコードありを買いましたが、正解だったと思っています。

買って良かったもの ダイソンの掃除機

 


2019年10月の配当

10月単月では目標額を上回り、単月では9月、10月と二ヶ月連続で目標を達成できました。

しかし、累積で見ると目標に対して遅れを取っています。目標では10月末で進捗率80%に到達したかったのですが、実際の進捗率は73%です。正直言って、残り二ヶ月で残りの27%を追いつくのは難しいので、目標到達は難しいかもしれません。やはり、年の前半で投資が出来なかったのが響いています。

それでも最後まであがいて、目標の90%以上は死守したいと思います。

 

10月から消費税が増税されましたが、目に見えて苦しくなったということはありません。むしろ、今回の増税をきっかけにして、

「この出費は必要なもの (must)か。それとも欲しいもの ( want)か。無駄 (waste)ではないだろうか」

ということにこれまで以上に注意を払い、無駄な出費を削減していきたいと思います。

堅実家計が習慣化すれば、それは一生の財産になります。

 


人気ブログランキング
最後まで読んで下さりありがとうございます。
follow us in feedly
面白かったらフォローしてもらえると励みになります。